FC2ブログ

塾なしでは厳しい英語教育

自学自習派の子に出会って、一番最初に感じるのは、
ほぼ100%の確率で、英語学習の難しさです。

それは、私自身もそうだったのですが、
学校の英語教育だけを受けていると、
高校英語になった時点で、ハタと困ってしまうことがあるんです。

もちろん、中学の英語は、学校の授業さえまともにやっていれば、
塾なんか行かなくたって、満点の子は満点です。

でも、そこから一歩進んだときにどうでしょう?

困った子も多いのではないかと思うのです。
原因は、文法の習い方にあると思うんです。

とにかく、中学校の英語の授業では、文法事項には深く触れたがりません。
5文型なんて知らない子がほとんどなくらい。。。

おそらく、文法をしっかりと理解して学んだ方がわかりやすいと感じるタイプの子と、
逆に、会話などから入ったほうがわかりやすいと感じるタイプの子がいるのです。

それで、後者のタイプの子の方が割合的に多いのでしょうか?
そのあたりのことはよくわかりませんが、
とにかく文法事項には触れないように、触れないように、授業が進んでいると感じます。

ところが、言語能力が高い子たちは、
文法をきちんと理解したほうが、わかりやすいと感じる子たちなのです。
だから、イマイチ、すっきりしないまま、あいまいに覚えて中学が終わる。

一応、点数はとれているけれど、
それが高校英語にうまくつながるのか…
疑問が残ります。

英語教育は、改革の真っただ中ですが、
はたして、次の改定で、何がどう変わるのか。。。

少なくとも、今、上位層の子たちが出してくる質問は、
文法に関するものが、ほとんどであることだけは事実です。
ルールを知って、スッキリすると解決するような内容ばかり。

塾なしでは英語学習が難しくなってしまう原因の一つは、
文法に触れないようにしようとする学校の英語教育にあると思えます。

「文法なんかいらない」という人にもよく出会いますが、
私は、ネイティブではない人が、英語漬けの環境もなく、
きちんとした英語を使えるようになるためには、
ベースに文法が必須だと思っています。
もちろん、文法だけではだめですが。。。



P.S.明日、明後日と留守にしております。
   ブログ記事は予約なので更新されますが、コメント承認、返信等は月曜日以降になります。
   

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト

のびやかさ

成績が良い子や、ここから伸びるだろうな~と感じさせる子は、
のびやかさがあるのが共通点です。

のびのびしています。
縮こまっていないというか、まさにのびやかさを感じるのです。

まぁ、多少は、間違えたらカッコ悪いとは思っているものですが、
それでも、思ったことは言ってみたり、やってみたりするような
のびやかさがあります。

そして、人の意見にも柔軟で、受け入れる体制があります。
さらに、自分の意見も持っていますから、
「僕は、こう思った」とか、「私は、こう思う」とか、臆せずに話ができます。

つまり、その先があります。
意見を出し合って、最善策を検討する余地があるのです。
ものごとを進めるときに大事なことですよね。

一方で、間違えてはいけないとか、
先生の言うことをきかなければいけないとか、
妙な脅迫観念のようなものにとりつかれている子は、
学年が上がるにつれ、伸び悩み始めることが多いようです。

怒られ過ぎ、指示され過ぎ、型にはめられ過ぎ、・・・
幼少期に特に気をつけたいことのように思います。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

自分で考える

新年度になると、私のところでも、新しい生徒が入ってきます。
今年は特に新入生が多かったせいもあってか、
気になることも、あれこれと浮かび上がってきています。

例えば、自分で考えて、自分で決めることができない子が
増えてるのかな?と思うことがあります。

直しなんかを一緒にやっていると、
「これも、書いた方がいいですか?」とか、
「どこに、書いたらいいですか?」とか、
やたらと質問が多かったりする。

自分が、あとで見たときに、必要だろうと思うことを、
自分が理解できるだろうと思うように書き残すのが原則ですが、
そこのところの感覚がずれているのを感じます。

「それ、あとで見て、わかる?」なんて質問を挟むと、
たちまち、「どう書けばいいですか?」になる。

いやいや、自分が、あとで見た時に、それでもわかればいいですけど、
どう考えても、その走り書きではわかりそうに思えないのですが・・・って
私としては思ってるのですが、
生徒の方は、先生がしなさいと言うようにしますって感じなんですよね。

そんな受動的なことだから、勉強ができるようにならないんです。
だって、これ、全てに影響がある部分ですからね。。。

今やっていることの目的は何で、
その目的のためには、どうするのが最善なのかを、
自分で考えて、行動していかなきゃできるようにはなりません。

そして、それは、けっこう低学年のうちから、
身に付けていかなければいけないことなんですよね。

指示の与え過ぎは禁物ですね。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

敏感なお年頃

お父さん、お母さんが、ついつい、口にしてしまうけれど、
思春期の子には、言ってはいけない。。。というか、
できれば言わない方がいい言葉ってあります。

なにせ、思春期というのは厄介なお年頃で、
ちょっとした言葉から、敏感に色んなことをキャッチしてしまいますから。。。

たとえば、勉強をしなくてテストが悪かった子に、
「どうしてせんかったん?」って、言いますよね。

これ、言い方一つで、
原因を一緒に考えようとしてくれているみたいにも聞こえるし、
そういうふりして、暗に責めているという風にも聞こえます。

ちょっとでも、イラッとしながら言ったりすると、絶対後者に受け止められます。
悪い成績をとったら、やっとけばよかった。。。くらいなことは
言われなくても感じてますから。


「ちゃんとしいよ!自分のためだろ?」

これもよく聞きますが、
中学生は、勉強は自分のためってことくらいは知っています。
でも、子供の勉強ができなかったら、親が困ると思っているということも知っています。
「自分のため」は、禁句です。ww

ぼくのためって言いながら、
実際は、ぼくが勉強出来んかったら、お母さんがかっこ悪いとか思っとるんだろー
って、思ってます。

「困るんは自分なんじょ」っていうのも、ほぼ同義語です。


言われなくてもわかってるところを、言葉にされると、こたえるのです。
そして、それが「うるさいわー」とか、「もうせんわー」とか、
反抗的な態度に変換されるのが思春期だと思います。

最近は、反抗期がない子も増えているとか聞きますが、
成長の段階の一つとして、いい親子関係を築く過程の一つとして、
反抗期も悪くないんじゃないかなーなんて、思いますが、
渦中にいると、そうも言っていられないのかな?!

でも、その時期を過ぎると、急に優しくなったりして、
なんだか急に大人になったみたいに感じるそうですよ。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

将来の話

将来の夢がない子は、昔に比べると多くなっていると思います。
一緒に勉強をしていて、将来のことを聞くと、
「まだ考えてない」とか「まだわからん」とかいう返事がものすごく多いんです。

生徒とある程度の関係が築けてくると、
やっぱり、そういう話も深くするようになってきます。
将来の夢がないと、将来に向けての計画が立てられないし、
夢も計画もないのに、ただ勉強を頑張るというのでは、
モチベーションが低くなります。

今まで出会った生徒たちを振り返っても、
納得の頑張りを発揮できた子は、全員、明確な夢や目標があって、
それに向けての勉強だった子ばかりです。

なりたいものが見つかった時のために、とりあえず勉強は頑張っておく。。。
なんて、手もありますが、これでは明確な夢がある子には絶対にかないません。

中学生になれば、「まだわからんし。。。」と言っていい時期は終わりです。
だって、将来に向けての第一歩を踏み出す時が、
もうそこに迫ってきているのですから、
「わからん」とか言っている場合ではないのです。

考えましょう。
調べましょう。
想像しましょう。

できれば、家族も一緒に考えてあげてほしい。
家族が知っていることは、情報として伝えてあげてほしい。

中学生は、
大人のこと、社会のこと、思っている以上にな~んにも知りません。
だから、大人の自分が想像できないんです。

あんな仕事、こんな仕事、
カッコいいなーと思う仕事ができるようになるには、
どういう道順で進んでいるのか。どのくらいの苦労があるのか。

どんな仕事だって、カッコいい部分も、楽しい部分も、
辛い部分もあるはずです。

知ることから始まると思います。
春は、新しい学年に上がるし、そういう話がしやすい季節でもあります。
是非、家族団らんの話題の一つに、将来の話を!と思います。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
プロフィール

Author:Shigemi
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。2013.7.19.

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村