fc2ブログ

基準

地元公立から中受をしようとしている子の中には、
現状把握ができていない子が多いと、時々話題にしていますが、
これは、高校入試でも言えます。

集合授業をする場合、
たいてい、授業のレベル設定は、真ん中より少し上にします。

そう考えると、地元公立の場合、
市内普通科ギリギリレベルが基準ってことになります。

これをわかった上で、勉強を進めていかないと、
こんなはずじゃぁなかったのに…ってことになります。

学校では、とりあえず、このレベルまでは
特に問題のない子として扱われます。
ひょっとしたら、まぁまぁ賢い子として扱われるかもしれない。

ギリギリ基準点ぐらいの子なら、
普通科には、滑り込めそうな子たちですから。

でも、それって、高校に入ったらビリってことですよね?
わかって、満足しているのなら、それでもよいのですが、
わかっていない子の方が多い気がするので、敢えて。。。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



志望校に合った対策を

いただくコメントやメールから、
このブログを読んでくださっている人は、
けっこう上位層の人も多いと推察します。

そこで今日は、少しトップ層のお話を。。。

徳島は、本当に受験の選択肢が少ないので、
独特の高校入試になっていると思います。

それで、トップ層の子たちは、
県外に出ていくか、そうでなければ、
市内普通科の上位層を狙っていくことになります。

最難関に強いイメージがあるのは、
私立なら文理、公立なら市高理数科でしょう。

そして、難関も含めて、国公立全体でみると、
やはり城東が頭一つ飛び出している印象ですよね。
城東の学区が撤廃されてからは、
城南普通科の学区外のボーダーが上がっているようなので、
城南も選択肢に入ってくるかもしれません。

まぁ、海外の大学を考えているならば、北高もありかもしれませんし、
住所がどうにかなるなら、県外公立というパターンもありますが、
ちょっと特殊ですね。

一般的な話に戻して、
県内公立と、県外私立が候補に挙がった場合、
気をつけなければいけないことは、
私立と公立では、やるべきことが変わってくるということです。

このレベルの子が県外私立を受けるとなると、
難関私立と分類される高校でしょうから、
それなりの問題が出題されます。
問題のレベルが公立とは違うのです。

公立の問題が満点取れるからと言って、
難関私立の問題もできるかと言えば、そうではありません。
逆に、難関私立の問題が解けるからと言って、
公立の問題はいつも満点がとれるわけでもない。
必ず、それぞれに、対策が必要です。

求められる点数も違います。
たいてい、難関私立は、問題のレベルが高くて、
8割程度が合格最低ラインになっていることが多いように思います。

一方、公立の場合、問題のレベルはそれほど高くありませんが、
例えば市高理数科なら、9割ではボーダーラインを超えないのです。

つまり、難関私立を受ける場合は、
ハイレベルな問題を解けるようにする対策が必要ですが、
公立を受ける場合には、
完璧にミスなく取れるようにする対策が必要なのです。

受験学年は、そろそろそういうことも念頭において、
勉強を進めていきたいですね。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

学校と入試

昨日の記事で、
英語の長文問題は、自分で家で頑張らないと、
学校では、ほとんどやってくれないと書きましたが、
教科書改訂後、そういうことが増えているように思います。

その危機感から、
うちの塾でもELSTという英語のアプリを導入しているのですが、
イマイチ、利用希望者は少ない。。。

つまり、生徒も保護者も、その点については、
あまり危機感は抱いていないということだと思います。

小学校の英語の教科書を見ると、
まるで英会話スクールのような
とにかく発話させようという雰囲気が見て取れるのですが、
中学の試験のメインは記述です。

しかし、都立高校ではスピーキングテストが導入され始めています。
問題点もたくさんあったようですが、
それはさておき、内容を見ると、なかなか難しい。

ELSTを使っている方は、試験対策のアイコンから
東京都立高校入試 スピーキング(ESAT-J)を
見ていただければわかります。

A、B、C、Dの4つのパートからなるのですが、
A、Bはともかく、CやDのパートは、
日本語ででも難しい子が結構いるんじゃないの?と思います。

当然、リスニング力がないと問題が聞き取れませんし、
文法がきちんと理解できていなければ、
文章を作ることもできません。
しかも、それを制限時間内に自分でしゃべらなければならないとなると、
スピーキングの練習もかなりしておかなければ難しい。。。

まぁ、徳島県で導入されるとしても、
まだまだず~っと先になるのでしょうけれど、
それでも、やはり、そういう力が必要になることは目に見えています。

親世代にとっても、
これは自分が勉強したころにはなかったジャンルなので、
必要性が見えづらいのかもしれませんし、
実際、どう扱えばいいのかわからないかもしれません。

学校でやってくれることと、実際の入試問題との乖離。。。
以前から指摘されていることですが、
激しくなっているように思えてなりません。


( N )



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

整理と対策・新研究

中3生は、「整理と対策」とか「新研究」とかいう3年間のまとめ教材を使って、
復習をする学校が多いと思います。

各教科1冊、計5冊あって、
それぞれに専用のノートまでついています。

まずはノートに1周目、次は書き込みで、2周目、
というような使い方を指定している学校もあると思います。

「これさえやっておけば、完璧!」なんて話もよく聞きますが、
どのレベルから、どのレベルを目指して勉強しているかによって、
それは違ってきます。

確かに、総復習ができるので、とても良い復習教材ですが、
例えば、トップ層の子たちは、これだけでは足りないと思います。
あるいは、300点前後の子にも、これだけでは足りていません。

トップ層の子たちなら、もっとハイレベルな問題が必要ですし、
300点前後の子たちなら、
基本問題に特化したボリュームのある問題集が必要です。

さらに、このテキストは、学校によって、配布される時期が違います。
2年生の2月ごろには、もう宿題として課される学校もあれば、
3年生の5月が来て、やっと手にした学校もあります。

どの程度、突っ込んで宿題にしてくれるかも、学校によってまちまちです。

学校で言われることだけ、塾で指示されることだけを、
ただ受け身的にやるのではなく、
自分自身で、何が必要なのかをしっかりと考えて、
受験勉強をしていきましょう。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

中3後半

中3後半は、入試に向けて、あっという間に過ぎてしまいます。
「あー、時間が足りん!」と思っている間に、
すぐに出願なんです。

10月上旬に1回目の基礎学があります。
2回目は11月下旬。
3回目は1月上旬。
出願が2月下旬で、入試が3月上旬。

こんな流れで、中3後半は進んでいくわけですが、
1回目の基礎学から2回目までの間は、約1か月半。
さらに3回目まで、約1か月半。
出願までも約1か月半です。

仮に、夏休みから、そこそこ頑張り始めたとして、
そこそこの2か月で、劇的な結果が出るなんてことはまずなく、
1回目の基礎学は、撃沈。

2回目と3回目に賭けよう!なんて、思っても、
1か月半ずつしか期間はありません。
しかも、その間に定期テストもあります。

2回目で、ちょっぴり上がって、
3回目でちょっぴり上がって…となれば良い方です。

たいてい、いよいよ冬休みごろには、少し焦ってみたりして、
そこから突っ走ってくれても、
冬休みが明ければすぐに3回目の基礎学です。
そんなに簡単には結果は出ません。

もちろん、突っ走り始めてくれると、
それなりにできることは増えていきます。
過去問を解いていくと、徐々に点数も上がっていきます。

しかし、既に3回目は終わっています。
2月の実力テストを考慮してくれたとしても、
そこからは、みんなも突っ走り始めているわけですから、
みんなもできることが増えてきていますよね。

そんな状態のまま、3回目から1か月半で出願を迎えます。
仮に、2回目3回目の基礎学を平均すれば、
ギリギリボーダーライン、あるいは、ちょっと足りないくらいだった場合、
3回目から出願までの伸びをどこまで信じていいものか。。。

周囲も同じように上がっていれば、
順位的には、ボーダーライン上のままなんですよね。

そこへ賭けるかどうかは、本人と家族にしか決められません。

春に、本気にならない中3生を見ると、いつも思うんです。
厳しい冬が待ってるよ…、間に合わないよ…。
しかし、焦るは、周囲の大人ばかり。。。ww

今からの半年で、一歩先に出ることができるかどうかが、
勝負なんですよね。
それに気付けた子だけが、充実した中3後半を過ごせます。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
プロフィール

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、下記のリンクからご覧ください。
2023.5.17.


・自律学習ゼミについて
・塾概要
・講師紹介
・施設紹介


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村