fc2ブログ

後ろ向きな理由

徳島の中学受験も一通り終わって、
また次の受験生たちの季節が始まりますね。

「どうして、その学校に行きたいの?」とか
「どの学校に一番行きたいと思うの?」とか、
中学受験をする子供たちには、必ず聞きます。

ほとんどの子が、親御さんの考えを丸呑みして、
そのままに返事をしてくるのですが、
色々と話をしているうちに、
少しずついろいろなことが見えてきます。

お父さんはこう言うとか、
お母さんはこう言うとか、
実は、自分はこう思ってるとか、
周りの友達はどうだとか。。。

私が思わず、「そんな後ろ向きな理由?」って、
言ってしまったり、言いそうになったりするのは、
「地元に行ったら、ダメになるから」という理由です。

「なんで、地元に行ったらダメになるの?」と聞くと、
「遊んでしまいそうだから…」とか言うんです。

自分のやるべきことが見えていて、頑張ろうと思っているのに、
遊んでしまうくらい意志が弱いなら、
おそらく、どこへ行ってもパッとしないんじゃない?
なんて、思ってしまいます。

消去法で、中受をしている子、
意外と多いんですよね、徳島では。

この学校で、こんなことがしたいから!
という前向きな理由で、選べる方が良いですね。

中学受験に限らず、
高校受験でも、大学受験でも同じだと思います。

消去法で、人生を決めてたんじゃぁ、ダメでしょ?

( N )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



一緒に考えること

「好きな中学に行けばいいよ」と、
子供に言っている家庭もあるでしょう。
しかし、これは、少々乱暴過ぎると、私は思っています。

まだ小学生です。
周囲の大人が良いと言っていることを、
良いと鵜呑みにする年齢です。

それぞれの中学校の特徴を吟味して、
自分はどこに合っているか…なんて
考えることができる年齢ではありません。

そんな子供に
「好きにしていいよ」というのは、
実は、ひどいことだと思うのです。

それで、中学に入ってからは、
「自分で選んで行ったんだから…」と言うのです。

ちょっとかわいそうに思います。

それぞれの学校の良いところ、悪いところ、
合っていそうなところ、合わないかもしれないところ、
一緒に調べて、一緒に考えてあげなければ。。。

そんな話をたくさんしているうちに、
子供は子供で、こっちが良いだの、あっちが良いだのと
意見を持つでしょう。

そこで、家族の意見を総合的に合わせてあげてほしいのです。

見ていると、子供たちは
親御さんの意見を丸呑みしていることがほとんどで、
それが調べ上げて、吟味しての意見ならともかく、
噂レベルの話であることもよくあります。

子供たちには、できるだけ、色々な角度から、
それぞれの中学校についての話をするように心がけていますが、
中受をする子です。真面目な子が多いですから、
噂レベルの話であっても、
お父さんお母さんが言うことは絶対に正しいと思っています。
だからこそ、気をつけてあげてほしいのです。

特に、外部受験の子たち。
受験に関する情報は、学校からは入ってこないし、
入ってきても、やっぱり噂レベルの話であることが多いものです。

そうなると、一番の情報源は、やはり家庭になるわけで、
だからこそ、お父さん、お母さんの話は大事なのです。

ママ友とするような噂レベルの話を、
子供にしてはいけません。ww

大人が受け止めるよりも、
深刻に受け止めていることがよくあります。


( N )



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

自分にあった学校

まだまだ中学受験をする割合は低い県ですが、
それでも、一昔前に比べれば、
中学受験を考える子がずいぶん増えたなと感じます。

城ノ内、文理、附属、それぞれに特徴があって、
カリキュラムも違うので、
自分に合っていそうな学校を選ぶことも大事です。

現状では、おそらく、文理中学が一番入りやすいですが、
だからと言って、安易に決めるべきではないと思っています。

昔に比べれば、使用教材のレベルこそ下がっていますが、
そうは言っても、
ハイレベルまでハイスピードで進めるのが文理のカリキュラムです。

そのカリキュラムに、ついていくだけの準備が
今の自分に整えられているかどうかを、
しっかりと見極めなければいけません。

中学に入ってから、その特徴を存分に生かした勉強ができてこそ、
中受をした価値があるというもの。
入ったものの、ついていけない・・・なんてことにならないためにも、
よくよく吟味しなければいけないと思います。

受かってしまうと、ついつい行きたくなってしまうものですが、
目先のプライドではなく、
ずっと先の将来のことまで見据えて、
今、必要なことを選ぶ勇気も必要だと思います。

地元公立で、じっくりと腰を据えて、取り組むことで、
伸びていく子もいますし、
逆に、文理や附属で、揉まれて焦ったほうが伸びる子もいます。

年齢が低いうちに、伸び期がやってくる子もいれば、
ある程度の年齢が過ぎてから、伸び期がやってくる子もいます。
半分は賭けのようなものですが、
それでもやっぱり、じっくりと
少し遠い先のことを考えてみることは大事だと思います。

( N )



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

レベルが揃うということ

自分と同じレベルの子たちと、
自分よりの少し上のレベルの子たちが集まるところで学ぶと、
勉強しやすいことは間違いありません。

中学受験をする子たちの親御さんが、
「環境を整えてやりたい」という言葉の中には、
こういう意味も多く含まれていると思います。

もちろん、社会性という目で見れば、
いろいろなタイプの子たちの中で、もまれることも大事です。
しかし、勉強という面で見ると、
いろいろなタイプの子が混ざっている中では、
なかなか難しい側面があるのも事実です。

地元公立は、まさにその例で、
同じ中学2年生でも、正負の数の計算が満足にできない子もいれば、
二次方程式でも解くんじゃないかと思う子もいます。

そんな子たちを前に、授業をするのです。
学校の先生がいかに大変か、想像に難くありません。

当然の結果として、
正負の数の計算ができない子は、置き去りにされ、
二次方程式でも解けそうな子は、退屈でつまらない授業になります。

これだけの差があれば、
どのタイプの子も一緒に引っ張っていける授業を展開できる先生なんて、
まず、いないでしょう。

ところが、中学受験をクリアした子たちが集まる学校では、
少なくても、正負の数の計算ができないような子は混ざっていないはず。

そこはそこで、またレベルの差がありますが、
地元公立ほどのかけ離れた差ではありません。
当然、その分、授業もスムーズに進みます。

レベルがそろっていると、教えやすいし、学びやすい。
そして、適度な競争が生まれ、いい環境になるのもわかりますね。


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

受験の目的

進路相談の話をすると、
この環境に入れておいた方が、あとあと楽だから。。。
というような話題が出ます。

つまり、城ノ内中や文理中に入れれば、
少なくとも高校受験はないし、
附属中で、高校受験があるにしても、
旧総選校もヤバい。。。みたいなことになる確率は低そうだ。。。というのです。

でも、それって、初めから、ビリ這う計算なんですか?って思います。
そういう発想で話をする家庭の子供は、
「地元の中学校に行ったら、勉強できんし。。。」とか言う子が多い。

地元からだって、東大に行く子は行きますから!
勉強をする意思がどのくらい強いかが問題です。

地元に行ったら、ダメになるから、受験する。。。みたいな考えで受験をした子は、
だいたい進学先でもパッとしません。
モチベーション低すぎです。。。

城ノ内に行くのなら、
城ノ内の特性を十分に生かすために行くのでなければ。。。と思いませんか?
もちろん、文理も、附属も、同じです。

要するに、学力に関して言えば、
トップクラスの子たちを育てようとしている学校へ行くのですから、
トップクラスを目指す子でなくては意味がないと思うんですよね。

なのに、最近、特に、公立中高一貫校を狙う子は、
そういう、イマイチな発想の子が多い気がします。
地元の中学校は、悪いし。。。って言うんです。
でも、受験の目的って、そもそもそこ?って思います。

中学受験の勉強を一緒にする場合は、
悪くても中の上ぐらいで入って、
そこからトップクラスへ上がって行けるように設定して指導するのですが、
公立中高一貫校を狙う子の場合は、
設定が噛み合わないことが時々あるんです。

なんだかなぁ。。。と思ってしまうことの一つ。。。


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村