fc2ブログ

計算ミス

とんでもなく簡単な足し算や掛け算でミスって、
「あ゛~、私、ばかじゃない?」って、ショックを受けたこと、
誰にも、一度や二度はあるはずです。

かくいう私も、計算ミスは、よくしていたので、
その気持ちは、と~っても良くわかりますww

昔、塾で教えていたころ、
ミスが多い子と、ミスが少ない子、
何が違うか、じっくり観察したことがあるんです。

まずはじめに気づくのは、
普段解いている問題量の違いです。
概して、演習量を多くこなしている子ほど、ミスが少ない。

でも、同じくらいたくさん解いている子でも、
ミスの多い子と少ない子がいます。
その違いは。。。

計算の進め方にありました。

ミスの少ない子は、
ちょこちょこ振り返りながら解いていっている子が多いようです。

途中計算、一行進んだら、前の行をちょっと確認して、
それから次の行へ進んでいます。

だから、早めにミスに気付きやすくて、
最後まで行ってしまってから、
あれ?なんかおかしい。。。ということも少ないのです。

そう思って考えてみると、
確かに、私自身も、
これは速く正確な正答を出さないといけない!と思いながら解くときは、
一行ごとに、振り返りながら、確認しながら解いていることが多いですね。

一見、すごく時間がかかるように見えますが、
そうでもありません。

ザーッと一気に解くよりは時間がかかるとは思いますが、
それで間違えているよりは、
ほんの少し長くかかっても合ってる方が、最終的には速いですものね。

一度、試してみてください。
それで、計算ミスが減った子も多いんですよ。

( N )



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ  

スポンサーサイト



算数・数学の見直し方

昨日の英語の見直し方は、数学(算数)にも使えます。
計算問題にこそ使ってほしい!

計算ミスを発見するために、
自分が書いた計算式や筆算を見ながらチェックしても
みつかる確率は低いです。

授業中に、「先生、これ、どこが違うん?」って言われて、
筆算や方程式の間違い探しをするとき、
たいていは「自分で探せよぉー」と言いますが、www
それでも、みつけられないとき、私は、自分は自分で新しく解きます。

生徒が書いてる式を見ながらでは、間違いが探しにくいからです。

人が書いている式でも、それが目から入ってくると、
無意識のうちに誘導されてしまいます。
まして自分が書いた式なら、なおさらです。

絶対に、問題用紙にもう一回新しく解いてみて、
答案用紙に書いた答えと比べてください。
その方が、多くミスを発見できます。

まずは、次のテストで試してみてください。
ただし、これも時間に余裕があっての話ですが。。。

というのも、中3にもなれば、数学も時間が余ることのほうが少なくなると思います。
だから、とにかく「一発で仕留められるようにすること!」と、
小学生のうちから話しています。

「見直しをしなさい」よりも
「一発で仕留める方法を身に付けなさい」のほうが大事なんです。

ですが、まぁ、中1の最初とか、時間が余るテストも結構多いので、
そういう場合の見直し法として、このやり方を知っておいて損はないと思います。



( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ  

英語の見直し方

テストでのケアレスミスは、誰しも経験があると思います。
「ちゃんと見直しなさいよ!」とは言われても、
見直し方を教えてくれる人は、残念ながらあまりいませんね。

今日は、英語の見直し方法を1つご紹介しましょう。

単語のつづりを間違えた、
最後のクエスチョンマークを忘れた、
aやtheを忘れた、
中1の始めのこんなミスから始まって、とにかくケアレスミスが多い英語。

でも、中学生の場合、テスト時間中に、一番時間が余るのも英語だと思います。
「時間が余る=見直しする時間がある」というわけですが、
どうやって見直しをしていますか?

自分が書いた解答と問題を並べて、見ながら見直しをしていませんか?

私が、勧めている見直し法は、問題用紙にもう一回解くことです。

テストが一通り最後まで解けたら、ひとまず答案用紙は横へやっておいて、
今度は、問題用紙に、解いていきます。

解けたら、問題用紙に書いた自分の答えと、
答案用紙に書いた自分の答えを、つき合わせて行くのです。

もちろん、余った時間と相談しながら、
普段ミスが多いタイプの問題から、順番に大問1個ずつチェックしていったり、
全部解いてしまってからまとめてチェックしたり、
その辺りは、自分で考えてやってくださいよ。

自分の答案用紙を見ながら、見直しをするよりは、
ずっと発見率は高いはずです。

そして、英語も時間が余らない…という人は、
解くスピードが遅いです!
普段の学習でも、時間を計って、
スピードを上げるように心がけていきましょう。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ  

答案用紙はラブレター

「さすがに、もうちょっと綺麗に答案用紙を書こうよ」
と言わなければいけない中3生が毎年います。

ついでに、中1中2生にも言ってますが。。。

受験生と受験校を直接繋ぐ唯一のものが答案用紙だって、
考えたこと、あるでしょうか?

「僕は、この学校に入りたいんです!」
っていう意思を伝えるための唯一の手段。

それなのに、なんで、そんなに汚い字なの!
って思うんです、時々。

気持ちを伝えられます?そんな汚い字で。
今どき、手書きのラブレターもないでしょうけれど、
答案用紙は手書きですから。。。

「僕は、きちんと理解できていますよ」ということが
伝えられる答案用紙になっていますか?

「る」か「ろ」か「ら」か、わからないひらがな、
「v」か「r」か、「n」か「h」か、わからないアルファベット、
「3」か「5」か、わからない数字、・・・

ピンされないからいいのではないのです。
本番で、ピンされるかもしれませんよ。
見たことも会ったこともない人が採点するんです。

「ぼくは、5って書いたつもり・・・」でも、
3って読まれて、不合格通知が来るかもしれないんです。
それでもいい?

普段から、きちんと書くことです。
急いでも書けるようにするためには、
普段から書き込んでおくしかありません。

そういうことを考えて、日常のノートをとりたいですね。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

作文は知識と経験を反映する

作文には書く人の知識と経験が表れます。ですから、知識や経験が無いと書くことがありません。

例えばネギが高くても、普段の相場を知らなければ高いとも思いませんし、高いと生活が苦しくなるという経験もないわけですから、何も思わないわけです。
せめて高いとどうなるかという会話くらいあれば、それは貴重な経験になるのですが、

「高いなあ」
「ふ~ん」

では何も残りません。
その後に会話を続けなければいけないのです。

「どうしてこんなに高いのだろう?」
「高いと困るんだよ。」
「どうすればいいんだろう?」

こんな感じで話が膨らんでいけば、知識も経験も一気に増えていきますし、それを元に作文くらいすぐに書けてしまうのです。

また、作文には書く人の意思が必要で、それがなければ単なる記録でしかありません。自分の意見や希望を持つということがなければ、人に何かを伝える必要がないので、作文は書けなくなります。
ですから常日頃から(なぜだろう?)という問題意識を持ち、自分の考えを抱えて生きていれば、作文は容易に書けます。しかもその内容が正しく伝われば、その人の人格まで映し出されてしまうのです。

だからこそ試験に作文が出るのです。極端な話、人を選抜するにあたって、作文と面接だけすれば大体のことはわかってしまいますから。

もし学力的な能力が優れていても、作文で人格的な物足りなさを伝えてしまうのはとても残念なことです。せめて実力並みに、できれば少しでも立派に成長したと思ってもらうために、少しは練習して作文を上手になっておかなければいけません。
そんなに難しいことではありません。しっかりとポイントを押さえて効率よく練習してください。

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村