fc2ブログ

テキストの扱い方(その13)

どんなテキストを使うか…も大事なポイントになります。
基本、標準、発展みたいに、なんとなくわかれているような気はしますが、
どの程度を標準と表現しているのかは、
おそらくメーカーによっても微妙に違うし、人によっても違います。

基本:公式丸暗記で解ける程度
標準:地元公立の定期テスト程度
発展:公立高校入試レベル

というような認識の人も、特に、公立志向の徳島では
けっこういるように感じます。

一般には、

基本:地元公立の定期テストレベル
標準:公立高校入試レベル
発展:私立難関レベル

という設定で編集されているように思います。

そして、それぞれの中で、さらに、
基本問題、標準問題、発展問題と分かれていると
考えていればよいと思います。

つまり、書店で、定期テスト対策とか、
教科書準拠問題集とかの扱いで売られているものだけでは、
公立高校入試レベルの力はつかないものです。

教科書準拠とか、定期テストレベルが、
標準だと思っていると、
中3になった時に大変なことが待っているわけです。

しかし、だからと言って、いきなり
公立高校入試レベルのものが解けるはずもないので、
やはり、順を追って進めなければいけません。

まずは、教科書準拠内容がきちんとこなせるようにして、
そのあと、公立高校入試レベルです。

そうすると、よく言われるのは、
「これ、学校では習っとらん!」

「習っとらんでも、入試では範囲やけん、やらなあかんなぁ」
とかなんとか、私は立場上、簡単に言えますが、
パパ塾、ママ塾では、それに負けているおうちも見かけます。

そこは負けてはいけないところです。ww

残念ながら、学校で習うことだけでは、
トップ層は狙えませんから。。。

実は、ここでも好奇心の差は現れます。

「これ、習ってないけん、せんでもいいだろう?」
という発想の子もいれば、

「これ、習ってない~ 何~?」と、
みんなが知らないことを、自分だけが知ることに、
逆に目を輝かせる子もいるわけです。

好奇心の差って、どこから生まれるんでしょうね?

( N )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村