fc2ブログ

標準版問題集の使い方(英語)

今日は、英語の問題集の使い方です。
教科書準拠の問題集は、昨日話したように、定期テスト向けに使っていきます。

標準の問題集は、少し使い方が違います。
こちらは、『助動詞』『名詞・代名詞』『不定詞』みたいに、単元別になっていますね。
中1はともかく、中2からは学校で習う単元順には並んでいないので、
自学自習組は少し戸惑うところです。

とりあえず、前から順番に解いていっても良いし、
学校で習っている単元から解いていってもいいと思います。

が、定期テストまでに、範囲となる単元は済ませておきましょう。
そして、こちらも、書き込まずにノートに。
間違いには印をつけて、間違えた原因を究明しておいて、
日を改めてもう一度解いてみないといけません。
完璧に答えられるようになるまで。。。

うちの授業では、上位の子は標準版をメインテキストにしています。
そうではない子は教科書準拠がメインです。

なぜなら、まずは教科書準拠をできるようにすることが基礎だからです。
それが自力でできる子たちは、ある程度の成績をはじき出しているので、
標準版をメインテキストにするわけです。

標準版を使える子たちは、基本的に丸付け&直しは自力でできるので、
そこまでは宿題です。
トップ層の子たちは、そのあと「質問ないですか?」で進めます。
そこまでいかない子は、まずは、間違いのチェックからです。

間違えた問題のすべてについて、
何が原因で、どう間違えていたかを説明してもらいます。
赤で答えを直して、「あ~、そうなのね」で、
本当はきちんと分かっていないのにスルーしてしまっている子が多いからです。
だとすると、それをいくら繰り返してもできるようにはなりません。
これが、やっているのに成績が上がらない状態。

その解決策の一つが、「説明して!」ってやつです。
何がどう違っていて間違えたかを、自分で説明しようと思えば、
自然と理解が深まりますし、疑問点が浮かび上がってきます。

それで、その説明があっていれば、OKだし、
間違っていれば、訂正が必要ですし、
時々補足もはさみながら、授業は進みます。

自学自習派の子たちも、こういうのを意識して勉強すると、
ずいぶん違ってくると思いますよ。


それから、英語で特に大事なのは、単語と連語のチェックです。
まずは教科書で出てくる単語と連語は完璧にしていきましょう。
普通の頭なら、一回覚えてもまた忘れますので、
繰り返し、チェックしましょうね!

覚えてはチェック、覚えてはチェックです。
特に連語は、受験学年になってから、
驚くほど覚えられていないことに気づく子が多い。
中1、中2の内から、しっかり自分のものにしていきましょう。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村