fc2ブログ

意外と陥る落とし穴

家庭教師を探すときに、
いい大学の学生を探す人も多いようです。
例えば、徳大医学部の学生さんとか。。。

自分も医学部志望なら、これはなかなかいい選択かもしれません。
将来、自分も同じような道をたどるかもしれないし、
学生家庭教師にとっても、自分が中学生だった時にわからなかったことと、
生徒がわからないことが似通っているので、とても教えやすいはずです。

しかし、60点しかとれないんですが。。。というようなレベルだった場合、
医学部生では太刀打ちできないことがあるのです。

少なくとも、医学部に通っているような学生は、
自分が中学の時は、トップ層にいたはずなんです。
小学校から順を追って理解を進めてきて、特に問題なく、する~っとわかってきた子。

そういう場合、「なぜこれがわからないのかがわからない」ということになります。
「どうして理解できないのか、こっちが理解できない」という感じです。

優秀な学生さんが、中以下の生徒を受け持った時に見られる現象です。
これは、たくさんの生徒を見て、ある程度経験を積まないと、わからないものです。
ですから、大学生ではなかなか難しい。。。

そうなると逆に、鳴教生や、徳大でも総科や工学部(今は理工ですね)の子の方が
上手に教えている場合もよくあります。
私が個別指導塾で教えていたころにも、
そういうことはよく見かけたものです。

大学生の家庭教師をつけるときには、
こういう点も少し気にしてみるといいかもしれませんね。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

姉がまさにそうでした

思わず昔を思い出して笑ってしまったのですが、
医学部生だった姉が受け持ったのが平均点も厳しい様な生徒さんで、
「分数の足し算が何で出来ないんじゃー!」と家で叫んでいました。

「分からない、出来ない」のが分からないんですよねえ…
自分の子供にも高水準を求めていたので
「無意識なんだろうなあ…」と
ヒヤヒヤしながら見ていました。
(勉強がイヤになるんじゃないかと思って)

Re: 姉がまさにそうでした

そうでしたか(^^;)
よくあるんですよね。

大学生の場合は特に、
自分の経験と照らし合わせて、教えるわけですから、
自分と同じようなレベルの子は教えやすいんですが、
そうでない子は、なぜわからないのかがわからない…となってしまうんです。

できるお母さんの場合も同じで、
なぜできないの?と思うんですよね。

色々難しいですね。
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村