fc2ブログ

適性検査って?(つづき)

今日は、適性検査の続きのお話。

普通の算数の問題とどこが違うか、一つ例題をみてみることにしましょう。

縦2メートル、横3メートルの花壇を真上から見た図が書かれています。
そして、ア、イの2か所、印がついています。
ペットの犬を2メートルのロープで、ア、イのくいに、つなぎます。

普通の算数の問題なら、
この犬が動ける範囲は、それぞれ何平方メートルですか。

これが、適性検査なら、
どちらのくいにつないだ方が、犬の動く範囲が広くなるでしょう。
また、そう考えた理由を説明しなさい。

もう、おわかりですよね。
半円や扇形を組み合わせて、犬が動ける範囲の面積を出せばいい問題。
この算数の問題が解ける子は、この適性検査の問題も解けます。
そして、この適性検査の問題が解ける子もまた、この算数の問題は解けるのです。

理科・社会が絡む問題でも同じです。
知識を使う問題といったところでしょうか。

つまり、適性検査だって、まずは、基礎学力があることが大前提。
その上で、適性検査用の対策をやっておく必要があるわけです。
つまり、きちんと伝わるように説明ができるようにすること。

文理・附属受験の場合は、教科の基礎の上に、
学校では習わない受験算数を、かなり深くやっておく必要がありますが、
適性検査の場合は、受験算数をそこそこ触った上で、
文理、附属受験なら、そこから深めていくところで、適性検査対策に移る感じでしょうか。

適性検査の場合、
意外と、理科・社会の知識や思考力が足りなくて、苦戦する子もいます。

やっておくべき対策は、かなり違うと捉えておくべきでしょう。
ただ、トップ層の場合は、意外と簡単に変更がききます。
つまり、しっかりとした基礎知識と思考力が備わっていれば、
どちらでも受験できるというわけです。

ただ、受験までに、そこまでの力をつけるのは難しい…という子なら、
早めにどちらかに絞って、対策をするほうが得策でしょう。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

「しっかりとした基礎知識と思考力が備わっていれば、どちらでも受験できる」…大変よくわかりました。
ありがとうございました。

Re: タイトルなし

小手先のテクニックで、何とか凌いでみたところで、結局は、どこかで行き詰まりますので、
やはり、きちんとしたベースとなるものが必要なのだと思います。
時間も手間もかかりますが、それが一番確かで、長い目で見ると近道なのかと(^^;)
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村