fc2ブログ

チャンスをつかむということ

もうずいぶん前の話ですが、
「サワコの朝」に、指揮者の佐渡裕氏が出ていました。
偶然、見かけたのですが。。。

そこで、面白い話をしていました。
ベルリン・フィルを指揮したときのことを、聞かれて、
こう答えていました。

普段2000ccの車を運転しているのに、
突然6000ccの車を与えられた感じだったと。

あまりに馬力がありすぎて、どのくらいアクセルを踏んでもいいものか、
どのくらいスピードを出してもいいものか、その加減をつかむのに
時間がかかったけれど、最終日には、それを操れて…
みたいな話だったと記憶しています。

ベルリン・フィルは、生では数回しか聴いたことがありませんが、
私の耳でも十分すぎるほど、その違いがわかるオーケストラですから、
それはそれは、そうだろう。。。なんて、思った次第。

そして、その話を聞いたときに、
友達のヴァイオリニストのことを思い出しました。

彼女は、かの名器ストラディバリウスを貸与されていたことがあります。
「普通の(といっても、プロなのでかなりいいもののはずですが)ヴァイオリンと、
ストラドは、どう違うの?」と聞いてみたことがあるのです。

こう答えてくれました。
「普段、12色の色鉛筆で絵を描いているのに、
 いきなり100色の色鉛筆を渡された感じよ~
 最初は、何色を使ったらいいのかわからないけれど、
 段々それが使いこなせるようになると、離れたくなくなるわ」

すごくわかりやすくて、しかも、素敵な表現ですよね。
佐渡さんが言ってた6000ccの車と同じだと思いませんか?

ベルリン・フィルもストラディバリウスも、世界の超一流のものですが、
それを操るためには、もちろん、それだけの力が必要ですよね。

もちろん、佐渡さんも友達もその力が認められて、
それぞれに、そのチャンスが巡ってきたわけですが、
一生懸命、やるべきことをやっているところに、
チャンスが巡ってきたから、掴みとれたということだと思うんです。

チャンスって、そういうものだと思いませんか?
やるべきことをきちんとやることで、
巡ってるチャンスを掴むだけの力がつくのだと思います。

有名な人がよく言っていますよね。
「運がよかったんです」とか、
「ちょうどチャンスが来て…」とか。
そう言ってしまえばそうですが、
その運やチャンスを掴めるだけの努力をしていたはずですよね。

チャンスが巡ってきたときに、掴めるだけの力を蓄えたいと思いませんか?
力が蓄えられていないと、せっかく巡ってきたチャンスを掴み損ねます。
もしかしたら、チャンスとすら気づかないかもしれない。。。

チャンスは、力を蓄えてきた人にだけ贈られるプレゼントですよね。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村