fc2ブログ

言葉を植える

適性検査対策をしていると、
とにかく書けない子が多いことに驚きます。

何を書けばいいのかがわからないという子がたくさんいるのです。
自分の考えがない、意見がない。。。

これは、小学生に限ったことではなく、
中学生でも、よく見かけます。
国語の課題作文を書いてもらうと、
「何、書いたらいいん?」と聞いてくるのです。

原因の一つは、あまりに知らないことが多すぎるということ。
自分がよく知らないことって、意見を求められても、
ん~、わからないなぁ。。。って思いますよね。
作文を書くときに、そういうことが起きているのです。

では、知らないから、書けないだけなのかと思いきや、
そればかりでもないのです。
例えば、「読書について、あなたの考えを書きなさい」というような指定でも、
何を書けばいいのかわからないと言い出す子もいます。

そして、思いつくことと言ったら、
「読書は、した方がいいと思います。」www

なぜ?と聞かれても、
それには答えられないのです。

原因は、日常で、何も考えていないこと。

確かに、小さいうちには、
つべこべ理屈をこねるのではなく、
「あかんもんは、あかん!」みたいな、
ある種、理不尽に思えるかもしれない叱り方や教え方が
必要なことがよくあると思います。

しかし、ある程度の年齢になれば、
そういう基本的な部分ではなくて、
その上に積み重ねる部分というか、
頭で理解して、納得してやっていく部分が増えてくると思います。

そこで、色々なことを考える習慣をつけていくことは、
自分の意見をもつ上でも、とても大事なことだと思います。

感じたことを言葉で表現していくことも重要です。
表現する言葉を知らない子も、とても多いのです。

実のある会話がなされていないのかもしれません。
読み物を読むことや、大人との会話の中で、
表現するために使える色々な言葉を覚えていくと思うのですが、
どうやら、それがない様子。

何も、難しい言葉を使えと言っているのではありません。
普段、使っているような言葉を使って、
自分の感じたことを表現することは、
生きていく上でも、大事でとても役に立つことですよね。

そういう言葉を、植えたり引き出したりしていくのは、
大人の役目だと思います。
子供たちとも、少し深い会話をしたいものですね。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村