fc2ブログ

塾を有効に使う(その3)

地元公立から城ノ内を狙う場合。。。

6年生から対策を始める子も多いですが、
正直なところ、これはまぁまぁしんどい。
学校では、けっこう賢い感じ?に思える子でも、
6年生からの9カ月で仕上げるのは、なかなか難しいものです。

理科社会含めて、よほど基礎学力がしっかりと付いているか、
のみ込みがよいかでない限り、
9か月では、合格安全圏まではいけないものです。
あくまでも、私の経験上での話ですが。。。

まずまず頑張れる子なら、合格可能圏まではいきますが、
安全圏まではなかなか。。。

まして、これが集合の授業のみでとなると、
かなり厳しいのではないかと思えます。

適性検査対策の場合、文章の書き方や表現の仕方など、
それぞれの癖を生かしたり修正したりしながら、
仕上げていくのですが、集合ではそこまで見えるはずがない。

実際、短期講習なんかに行ってもらうと、
うちの生徒は必ず、「先生、宿題見てくれんよ。。。」とか、
「自分で直して終わりなんやけど、これいけとる?」とか、
塾のことを持ち込んできます。

塾を悪く言うつもりはさらさらありませんよ。
集合で、そんなことまで見られないのが普通ですから。
でも、だから、基礎学力がしっかりと付いている子か、
のみ込みがいい子しか受からないのです。

そこのところをわかって、塾に通わせないと、
がっかりすることになります。

とりあえず、適性対策やってる塾に入れとこか~では、
合格安全圏に入るのは難しいと思います。
まぐれでもいいから、とりあえず受かっちゃえばいいわ~くらいなノリなら、
まぁ、それもいいかもしれませんが、

入ってから、それなりの成績を出していこうと思えば、
やはり、受験は、「自信を持って受けておいで!受かるから」と
言えるところまで力をつけて挑みたいですよね。

そのくらいの力をつけてから入って、
それなりに勉強をしていけば、
悪くても、高校になって、応用クラスには残ります。


城ノ内受験の特徴は、
そういうことを踏まえた上で、対策を小4から立てている家庭もあれば、
小6になって、「城ノ内、いっとく?」みたいなノリで、
塾に行く子もいるということです。

これは、文理・附属受験ではあまりない現象ですね。ww

だからこその倍率なので、実際のところ、きちんと対策をしていれば、
倍率がどれだけ高くても、何も怖くはないのです。

では、きちんと対策を立てて受験をしている子たちは、どんなことをしているのか?
気になってきますね。

国語や算数のテキストと並行して、
適性対策のテキストを使っている塾が多いと思います。

読解力、表現力は欠かせませんので、
国語の少しハイレベルなテキストを使います。
文理・附属を受験する子たちと同じくらいのものが使えればベストです。

算数も、近年は、受験算数の範囲の考え方を使う問題がよく出題されているので、
文理・附属まではいりませんが、
受験算数の基礎ぐらいはかじっておいた方がいいでしょう。

適性対策のテキストって、いったいどんなことをするのかというと、
文を書けばよいとかいう次元ではなくて、
持っている知識を使って、自分の考えを表現できなくてはいけません。

例えば、与えられたグラフを読み取って、
その読み取ったことと自分の持っている知識を合わせて、
考えたことや意見を文章にします。

貿易や援助に絡めた国際問題や、漁業や農業に絡めた環境問題、
クラスの仲間たちとの関係を円滑にするための社会性を見る問題もありますし、
キャンプに行くという設定の問題なら、速さや時刻の算数の問題、
夕食のメニューに絡めて家庭科の問題、
さらには、理科の問題へと発展することもよくあります。

そのような、あらゆる角度から、問題が出題されるので、
適性対策用のテキストなどを使って、そういう対策をしていくのです。

資料を見て漠然と思いつくことはあっても、
それを正しい日本語で、文章にして表現するとなると、
これは、小学生にとっては難しいものです。

ぼんやり思いつくことと、それに関連する知識や体験を明確につなげて、
文章で表現する練習をするのです。

これも、もしかしたら、パパ塾・ママ塾でやってしまうご家庭もあるかもしれません。
過去問を見て、なるほど、こういうことか。。。とわかる親御さんなら、
大丈夫でしょう。
でも、多くのご家庭では、なかなか難しいものです。

そういう場合は、塾を上手に使うべきですね。
ただし、集合に入れておけばOK!ではないことは、
十分に認識しておかないと、がっかりな結果になってしまいます。

一緒に頑張る友達が出来るという面など、
集合塾のメリットはたくさんあります。
集合のいいところと個別のいいところを、うまく使い分ける必要がありますね。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村