fc2ブログ

塾を有効に使う(その4)

さて、今日は小学生の最終回。
地元公立小から地元公立中の場合です。

これは、中学でどのくらいのレベルを目指すかによって、
全く違ってきます。

つまり、昨日まで見てきた中学受験組の場合なら、
少なくとも、高校、大学と進学する子たちのルートですが、
地元公立中になると、進学しない子たちもいます。

まぁ、このご時世、中卒というわけにはいかないでしょうから、
高校に進学はするとしても、
その先、大学に行かない子が約半数はいるわけですから、
目指す進路によって、
やっておきたいことは変わってくるというわけです。

とは言っても、このブログにたどりついている人たちは、
たいていが大学進学を目指している人でしょうから、
その辺りに絞ってみてみたいと思います。


大学進学を視野に入れた場合、
やはり、小学校高学年はとても重要な時期です。
遅くても、小5からは勉強の習慣をきちんとつけておきたいものです。

中学受験はしません。。。という子の場合でも、
教科書準拠のテキストと、準拠ではない標準のテキストを
並行して、家庭学習としてやっておきたいですね。

特に、小学校高学年の漢字は、高校入試でも重要ですから、
低学年の漢字も含めて、
小学校の漢字の総復習は欠かさずやっておきましょう。

計算力も大事です。
中学受験組が、けっこう鍛えていることを考えると、
たとえ中学受験はしなくても、それなりに鍛えておきたいものです。

そして、出来れば、受験算数の分野もかじっておきたい。。。
そのくらいまで足を踏み込んでやっておけば、
地元公立中からでも、
十分に市高理数科レベルを狙える力をつけることは可能でしょう。

問題は、このレベルにピッタリの塾が少ないことです。

ハイレベルなことをやってくれる塾は、
たいてい中学受験コースになってしまいますし、
中学受験コースでないところは、
教科書準拠レベルのことしかしてくれないことが多いと思います。

個別塾で、きっちりとこんなことがしたいという要望を伝えて、
それをわかってくれる担当の人がいれば、
可能だと思いますが、これはなかなか難しいんですね。。。

では、このレベルの子たちは、どうやっているのか。。。
おそらく、多くは、通信講座なんかを利用して、
パパ塾・ママ塾でカバーしているようです。

なかなか難しい現実です。。。

明日から、中学生の話に入って行こうと思いますが、
中学生をレベル別に見ていく中で、
「小学校のこれが出来ていない」という話題は頻発すると思います。
つまり、小学校でこれを取りこぼすと、
このくらいのレベルになる子が多いという話が飛び出します。

是非、小学生のお父さんお母さんにも参考にしていただきたいと思います。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

明日からの中学生の話。楽しみにしています!
とても参考になります!

Re: No title

参考になっていれば嬉しいです。
中学生、レベル別に6回程度で書いています(^^)
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村