fc2ブログ

考え方の差

出来る子と出来ない子の差は何か。。。と考えると、
考え方の差かな?と思うことがよくあります。

例えば、選択肢のある問題を解いていて、
アを選んでピンされたら、
何の疑いもなくイと直して平然としている子もいれば、
「なんで、アは違うん?」と、立ち止まる子もいます。

この差はとっても大きいですよね。

これって、私が出会う頃には、
もう既にこの2タイプに分かれてしまっているんです。
いつ頃、何をきっかけに分かれているのか?
はたまた生まれつきなのか?私にはわかりませんが、
この差はとても大きいということだけは言えます。

前者のタイプは、勉強をやってるのに成績が上がらないという子に多く、
後者のタイプは、ある程度の成績を維持できる子に多い。

そして、成績が悪かったのに、
一気に上がってきたなんて子も、後者のタイプが多いんですね。

同じ問題の解き方を習っても、
前者のタイプの子は、
「ここは割る。次は掛ける。」なんて、覚え方を平気でしてしまいます。
後者のタイプの子は、
「こうだから割る。これを出すために掛ける。」と、
全てに論理的です。

応用問題になったとき、見たことがない問題に出会った時、
問題に立ち向かえるのは、当然、後者のタイプ。
前者のタイプは、「こんな問題やったことない」と言います。
知識を使おうとするのではなく、パターンを覚えようとするのです。

小学校低学年の時点で、既に分かれているように感じます。
前者のタイプの子に出会った場合は、いちいち、うるさいぐらいに、
「これは、なんでちがうん?」「これは、なんでこうするん?」と
聞きまくってみますが、それくらいでは、実はなかなか改善されないのですね。

でも、聞かないよりはマシです。
やる気になれれば、
常に意識を向けてあげることで、少しは、自分でも意識し始めますし、
その感覚を覚え始めます。
根競べのように、続けることが肝心です。

そして、もし、ご家庭で気付いたら、出来るだけ小さいうちから、
聞いてあげてください。
少しずつ変わるはずです。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村