fc2ブログ

私の授業(その6)

今日は、わかっていないことがわかっていない子の授業についてのお話です。

実は、こういう子の割合は、ものすごく多いと思います。
例えば、選択肢のエとウが明らかに違っていることがわかっていて、
アでピンされれば、イに直すような子です。

なんで、アはピンなの?と考えない子。
アがピンなら、イやなと、何の疑問も感じずに直してしまう子です。

自分が子供のころを振り返ると、
なんで、イなんだ?と考えるはずなのですが、
そこに、何の疑問も感じない子が、けっこうたくさんいます。

そして、これが、最も成績を上げづらいタイプの子たち。
しかも、小学校は、これで、かなりやり過ごせてしまうのです。
だから、意外と成績はいい子が多い。

だから、余計に厄介なのです。

そこのところに、親御さんも気付いてくれていれば、
スムーズにことは運びます。

ひとまず、やってみるべきは、
「どうして、これは違うん?」とことごとく聞いて回ること。

宿題で、丸付け、直しまでやってもらうと、
たいてい「わからないところはありません」と言います。
本当にわかっているのならば、もっと成績はいいはずです。
だから、実はわかっていない問題が山ほどある。

そこで、私の授業ですることは、
直しまでしてある問題について、
「これは、何が、どう違うかったん?」と聞きまくることw

間違いであった理由がきちんと述べられれば、
理解できていることが多いので、
それをとにかく確認するのです。

しかし、これをすると、ものすごく時間がかかります。
でも、これをすることで、わかっていないことがわかる子が出てくることもあります。
とはいえ、それに費やす膨大な時間に耐えかねることもよくあります。
それは生徒本人が嫌になることもありますし、
親御さんのほうが、しびれを切らすこともあります。

つまり、うまくいかないこともよくあるのです。

でも、これしか方法がないのではないかと、今は思っています。
もっといい方法があるなら教えてほしい。。。
しかし、今のところ、私には見つかっていません。

こんなことをしていると、先取りなんて不可能です。
しかも、週1回で1教科が限界です。
それでも厳しいくらい。。。

それに耐えて、できるようになっていく子もいますが、
ならない子もたくさんいます。
それは仕方がないことだと思っています。

良い悪いではなくて、
向き不向きだと思います。

勉強に向いている子と向いていない子がいますから。。。
こんな風に言うと、見捨てられたなんて思う子もいるのですが、
そうではありません。

得意なことをどう生かしていくかだと思うのです。

私は、基本的には、勉強が得意な子はそれを生かせばいいけれど、
苦手な子が無理に勉強を武器にする必要はないと思っています。
他にもっと得意なことがあるはずなのです。
誰しも、何かしら得意なことは持っていますから。。。

「これは、何が違うん?」という私の質問攻撃に耐えられる子は、
それはそれで、そういう能力があるのだと思うのです。
だから、生かせばいい。

それに耐えかねる子は、きっと勉強には向いていません。
他に、もっと向いていることを探せばいいのです。

勉強がすべてではありませんから。。。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村