fc2ブログ

自立のタイミング

個人差はありますが、一般的には、
自学自習できる子に育てるためには、
小学校低学年は特に、ベッタリと親御さんの管理が必要だと思います。
まさに手とり足とりです。

高学年が来ると、徐々に自分でやりたくなってきますから、
自分でできることは自分でやって、
一人でやらせると、怪しいな~と思うところは、
がっちり管理というのが理想でしょう。

もちろん、一人でやっているところも、
チェックしておくことは必要です。
小学生の間は、高学年になったとはいえ、
ちょっと魔が刺すと、答えを写してみたりしたくなるものです。
そういうところは、親御さんが、がっちり管理するべきです。

そして、中学生になると、
出来るだけ自分でやる方向へ向けていきましょう。
さすがに、ここまで来くると、
答えを写すような子には育っていないはずですから、
自分のための勉強が出来るはずです。

とはいっても、一気に手を放してはいけません。
手綱は握っておかないと、まだまだ子供ですから。。。

このくらいが理想的だと思いますが、
実は、この低学年のベッタリができていないお家が多い。
勉強のやり方や、出来るようになることの喜びを
しっかりと入れておいてほしいこの時期に、
手放しのお家が意外と多いのです。

学校のテストも簡単ですから、
特に問題もなく進んでしまいますしね。。。

そうすると、高学年になって、
なんとなくわかりづらい単元が出てきます。

ところが、学校のテストは何となくクリアできてしまうので、
そこでもまだ気付かない。

いよいよ中学になって、番数がついてみると、
驚くような番数だったり。。。
あるいは、どんどん、どんどん、下がるばかりで、
どこの高校に行けるのでしょうか?というようなことに。。。

小学校をしっかりと仕込んであるお家は、
中学になると、自学自習に近い状態へ持ち込めますが、
小学校を仕込んでないお家は無理です。

中学生なのに、親がべったりとついて勉強することになります。
そして、多くの場合、それでも難しい。。。


中学ぐらいで、ある程度自学自習できるようになれば、
高校では、自分で将来のことをしっかりと見据えながら、
やるべきことをやっていける子になります。

小学校低学年の仕込みが、ここまで作用します。
小さいころこそ、大事なんですね。。。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村