fc2ブログ

宿題の内容の差

宿題を雑にしているわけでもないのに、
成績が上がらない理由の一つは、宿題のやり方がまずいことです。

けっこう大量の宿題も、きちんと解いてきます。
ケアレスミスをたくさんするわけでもないし、
きちんと丸付けも直しも自分でして、次の授業に来ます。

一見、何の問題もない。
でも、大きな問題が潜んでいることがあります。

質問がない。。。

全部分かったなら、それでいいじゃない?と思うかもしれませんが、
普通、全部わかったりしませんから。。。
というか、それなら、もっといい成績のはずです。

トップ層の子のほうが、質問が多いっておかしいでしょ?
って思いませんか?

丸付け&直しの仕方に問題があるのです。

きちんと真面目に解きました。
丸付けしました。
間違えたところを赤で書きました。
おしまい。。。

こういうやり方の子が多いことは、ずっとこのブログにも書いていますが、
そこまでひどくはなくても、
やり方がよくないのよ~っていう話をしなければいけないことはよくあります。

なぜ自分の答えが違うのかの検証ができていないのです。

成績が良い子の質問は、
「この答えは、どこがダメなんですか?」
「ここまではわかるんですが…」
「この解き方に至るには、どこをチェックすればいいのですか?」
「自分の解き方では正解は出ませんか?それはなぜですか?」
「こういう場合は、こう考えたらいいのですか?」・・・などなど。

一方、成績が悪い子ほど、質問がない。
そして、質問はと言えば、
「これ、わかりません!」

質問の仕方が違うのです。
なぜそんなことが起きるのか。
目的が違うから。

成績が良い子ほど、
どうしておけば、次回、一人で解けるかを考えています。
どこをおさえておけば、次回、テストに出た時に得点できるか、
自分の考え方の間違いはどこか、
そういう視点から、丸付け&直しをしているのです。

だから、そういう質問が生まれてくる。
そして、勝手に成績が上がるww

逆に言えば、、そういう考え方で、宿題に取り組めば、
成績は上がるはずです。

でも、その視点がずれているんです。
そして、一生懸命真面目にしてるのに、成績が上がらないと思っているんです。

そういう、ちょっと込み入った質問がしやすいのはマンツーマンなんです。
でも、ついでにそこのところもはき違えていることはよくあります。

個別は質問がしやすいから…という声は、本当によく聞きますが、
それは、そういう質問をしてこそ価値があるというもの。
でも、そもそも、質問そのものがない子の方が多いのが現実…。

一歩、踏み込んでみてみると、
成績が上がらない理由が、たくさん転がっていますね。

塾に行ってるのに、イマイチ効果がない。。。と感じたら、
一歩踏み込んだ検証が必要かもしれません。
一見、ちゃんと勉強している風でも、問題があるものです。

塾を最大限に利用する方法は、
自分が能動的に勉強を進めることと、
何をやってほしいのかを具体的に明確にして伝えることです。

振り返って、いい結果が残せたなと思う子は、
そういう塾の使い方をしている子ばかりです。
やってほしいこと、やってあげられること、
できないこと、してあげられないこと、
お互いに話し合いながら、進めていけるとベストですね。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村