fc2ブログ

できるようになる子とならない子

「わかった」という感覚は、目に見えないので、
これがとても厄介なのです。

長年、こういう仕事をしてきて思うのですが、
「わかった」と同じ反応をしても、
本当に理解している子と、わかったつもりでいる子がいます。

そして、それは成績にはあまり関係がなく、
上位の子が皆、本当に理解している子で、
下位の子が皆、わかったつもりでいる子ではないのです。

例えば、
時速60kmを分速に直す問題。

1時間に60km、つまり60分で60km走るのだから、
1分には1km走るわけで、分速1kmということを理解して、
「わかった」と言う子と、

「60で割るんやな」、「わかった」と言う子がいるんです。

このくらいのことなら、
学校でも塾でも同じ説明をされると思いますが、
同じ説明を聞いて、原理を理解して「わかる」子と、
ただやり方だけ覚えて「わかる」子がいます。

当然、60で割ると覚えた子は、そのうちに、
割るんだっけ?掛けるんだっけ?となります。

うそでしょう?と思われるかもしれませんが、
実は、こういうタイプの子、ものすごくたくさんいます。

しかし、学校でテストをしても、塾で問題集を解いても、
習いたてのころは、割ることを覚えているので、できてしまいます。
もちろん、時間がたつと、割ることは忘れてしまうので、
学年末テストではできないかもしれません。
でも、たまたま割ったら、当たります。

問題なのは、割るということをわかったと思っている子は、
自分は「わかった」と思っていることなんです。
だから、わからないことはないし、当然質問はないんですね。

でも、これ、本当はわかってないですよね?

小学校ぐらいなら、こういうタイプの子でも、
かなり成績がいいことがよくあります。

成績のいい子でも、全員が
理論できちんと理解できているわけではないのです。
だから、入れ替わりが起きるんです。

勉強をしていないことが原因で、成績が悪い子がいますが、
そういう子の中には、理論で理解できる子がいます。
そして、そういう子は、その気になりさえすれば、
ウソみたいに伸びていくんです。

こういうタイプの子が、
「ビリギャル」や「ドラゴン桜」のモデルになるような子ですね。

この「わかった」の差は、いったい何が原因で、
何歳ぐらいからそうなっているのか。。。
その辺りのことはよくわからないのですが、
これを直すことは、ものすごく大変だということだけはわかります。

できるだけ早く、気付いてあげたいですね。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村