fc2ブログ

楽譜と文章

昨日の続きですが、
速く読み取るための練習の話。

実はこれも、ある種の訓練だと思います。

またまたピアノの話ですが、
例えば、同じ曲をさらってくるのが課題だったとします。
「曲をさらう」というのは、
楽譜を読んで、曲として弾けるようにすることです。

まずは、楽譜を読みながら音を出してみますよね。
実は、その段階で、既に差があります。

たくさん練習を重ねてきている子は、
同じように初めて楽譜を見て弾き始めたときに、
フレーズとハーモニーと、
ちょっとしたアーティキュレーションくらいはつけてきます。
それぞれの音の役割を、ざっくり掴んで音にするんですね。

ところが、まだ練習を重ねていない子は、音を読むのに必死です。
強弱記号なんて見えていません。
スラーやスタッカートなんてまるで無視。
いいえ、無視しているわけではないのですが、視界に入っていないんですね。

同じ楽譜を見て、同じように弾くだけなのに、
これだけの情報処理能力の差が出ます。
でも、天才はいざ知らず、普通の子なら、
これは訓練で身につけていくものなんです。

常に意識をして、曲にするために必要な情報を
いかに速く多くキャッチして、音に出すか。。。
そういう訓練をしていくんです。

もちろん、そのためには、色々なハーモニーやフレーズ、
曲の形態に触れている必要がありますし、
知識も経験も大事になってきます。

だから、おそらく、文章を読むのも同じように、
訓練することが必要だと思うんです。

いかに速く多くの文章を理解するか。。。
ボーっと、ただ字面を追うだけでは、何も生まれないと思うんです。
意識して、読みとる練習をしなければ。。。

もちろん、そのためには、
多くの言葉や慣用句などを知っていることも大事ですし、
多方面にわたる知識が多いほど、
情報処理能力は速くなるはずです。

読むのが遅いから、本をたくさん読んでみよう!
というのでは、あまり効果がない気がします。

大人だって、ボーっと、ただ字面を追ってしまったときって、
もう一度読み返しませんか?
一応、そのページは、スルーしたけれど、
何を書いてあったかわからないですよね。

おそらく、「国語の文章題、意味わからんし。。。」っていうような子は、
こういう読み方をしてると思います。
「どんな話だった?」って聞くと、決まってこんな風に答えます。
「犬の話」とか「熊の話」とか「水の話」。。。名詞だけ。ww

「何が出てきた?」って聞いたんちゃうし。。。と思いますが、
それくらいにしか読みとれていないわけなんです。

こうなってしまったら、読み取るための練習は、
たぶん、一人では無理ですね。
簡単な短い文から、一緒に付き合ってあげてください。

やっぱり、何事もできるようにするためには、
手間と時間がかかるんです。

できるようになってる子たちを見ると、
そういう手間と時間を、かけられて育っている子が多いです。
頑張ってみる価値はあると思いますよ。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村