fc2ブログ

徳島受験事情(中受編)

先日、徳島の受験事情の記事をリクエストいただきましたので、
まとめ記事的なものを書いてみようと思います。

徳島の教育事情は、少々変わっているので、
県外から来られた方には、驚きの部分も多いかもしれません。
しかも、近年、色々と中学も高校も変わってきているので、
徳島で学生時代を過ごされている方でも、
「今って、そんな感じなんですか?」と驚かれる方もいます。

というわけで、思いつくままに、私の知っている範囲で、
感じていることも交えながら、書いてみようと思います。

あくまでも、参考程度にお読みいただければと思います。

まずは、中学受験から。
徳島の場合は、ほとんどの子が、中学受験はせずに、
地元公立中学へ進学します。

では、少数派の受験組の子たちはどこを受けるのか?

高校受験がない中高一貫校は、
私立なら、文理中学(小学校アリ、高校からの外部入学アリ)
公立なら、城ノ内中学(小学校ナシ、高校からの外部入学ナシ)。

高校受験をしなければいけないのは、
鳴教大の附属中学(小学校アリ、高校ナシ)。

南の子たちは、中高一貫公立校の富岡東中学を受験する子も多いですが、
市内の子たちは、たいていこの3択になります。

といっても、公立中高一貫校と附属中学は受験日が同じなので、
併願はできません。
そこで、外部受験の場合は
城ノ内か附属かという2択に、多くの場合は悩みます。
もちろん、文理が第一希望という子もいますが。

受験教科は、文理・附属が国語算数、城ノ内は適性検査になります。
細かな内容は、各校のHPなどをチェックしてみてください。

中学受験の場合は、
何を目指しているのか、何を求めているのか、成長の具合はどうか、など、
よく考えて選ぶ必要があるでしょう。

受験組が成績が良くて、地元公立はダメだということはありません。
地元公立出身でも、高校で附属出身のトップ層と渡り合える子もいますから。

明日は、それぞれの中学の特徴や印象を、まとめてみたいと思います。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

リクエストにお応えいただき、ありがとうございます!

Re: No title

ご希望に合った内容が書けてるかどうかわかりませんが。。。(^^;

初コメント失礼します。
中高一貫になる前の富岡東高校卒業生です。今は県外にいますが、数年後に子ども達と徳島に戻る為、大変参考になりました。

富岡東も私がいた時に比べると旧帝大への進学は明らかに増えていますね。私がいた頃は学年で1〜3人程でした。とはいえ、トップが必ず帝大にはいくとは限らず、地元の医学部に進学していたりしていたので、それだけでは分からないものがありますね。

また更新楽しみにしております!

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
そうですね、富岡東もずいぶん変わったように思います。
今年から、城東高校は学区が撤廃されたので、また一段と高校入試事情が変わりつつあります。
医者志望の子は、徳島ではとても多いですから、旧帝大と並んで徳大医学部も人気ですしねー
色々と教育事情は複雑怪奇な県ですよねw
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村