fc2ブログ

徳島受験事情(中受編・つづき)

今日は、まったく個人的な意見と、各中学の特徴と印象です。
参考程度にお読みください。

文理中は、昔ほどハイレベルなことはしていませんが、
とはいえ、学習進度が速いので、
中学入学時点で、スピードのある学習を好む子に向いていると思います。
中学2年間で中学内容を学習し終えて、中3は完全に高1内容になっているようです。

大学入試を見据えると、高3で実戦演習の時間が多く取れるのはありがたいですが、
中1の時点で、そのスピードについていけるかどうかが、まずは問題だと思います。
ついていければ、成績上位を維持できて、楽しい授業が受けられると思いますが、
ついていけなければ、成績が下降して、勉強に関しては楽しくないだろうと思います。

附属の場合は、学習進度は地元公立と同じですので、ゆっくりです。
例年、上位50人程度は、けっこうなレベルの子たちが揃っています。

家庭学習や塾で、先取り学習をしているので、文理中並みのペースで勉強している子もいますが、
基本的には、学校は中学3年間かけて中学内容を学習するので、
先取りはあくまでも自分のペースで…ということになります。
ちなみに100番を超えてしまう子たちが、公立でいえば上位3~4割ぐらいの位置になります。

城ノ内は、今、変化の時を迎えています。
これまでは、高校からの入学を受け入れていましたが、
完全に受け入れなくなるので、中学での先取りが、ある意味、し放題になりますw

ただ、その分、中学受験での定員を増やしているので、
その子たちを中学でどれくらい鍛えられるか…、そして、それが結果につながるか…
おそらく、注視している人は多いと思います。
数年後には、その結果が大学の進路状況に現れるので、
その時にはまた、徳島県の中受の変化が起きるかもしれません。

この3校で比較すると、現時点でトップ層の層が厚いのは、附属中学のように感じています。
しかし、それは、層が厚いだけで、トップ層は各校に点在していますから、
附属が一番賢い…とか、そういう意味ではありませし、
順にランク付けできるようなものでもありません。
地元公立中が、これらの校の下に位置するわけでもありません。

どの環境で学習するのが自分に一番合っているかを考えて、
選ぶべきだと思います。

では、明日は高校受験のお話です。


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

各校の近況がよくわかります。ありがとうございます。

国公立を中学受験する場合、城ノ内か附属かの2択は悩ましい問題ですね。
附属のトップ層は目から鼻に抜ける子も多く、大学受験では医学科や難関大学に多数進学実績を残しています。城東高校が年々レベルアップし、学校の良い雰囲気を感じるだけに、附属→城東のコースは大変魅力的と思います。
一方、難関大学理系を志望する場合、城ノ内の理科3科目、数学の先取学習は大きなアドバンテージになるでしょう。

今後、徳島県内の大学受験ハイレベル層は公立では城東と城ノ内を軸に展開していく方向でしょうし、どのように変化するか多くの方が注目していると思います。

Re: No title

そうですね。
それぞれ特徴がありますから、どう変わっていくか・・・気になりますね。
現在は、まったくの様子見状態ですから、附属中学のトップ層も学年によって、昨年のように城東と市高理数科で二分したり、一昨年のように市高理数科に殺到したりと、色々迷っている様子がうかがえます。
城東高校も入学時点でのコース選択をやめたり、数学の進度を速めたり、先を見据えて色々試しているのでしょうね。
いずれにせよ、トップ層はトップ層で伸ばし、上位層の伸び悩みを防いで、なおかつその下の層も救い上げられるような教育システムになっていくことを祈るばかりです。
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村