fc2ブログ

小学生の問題集

どんなレベルの問題集を使うのが良いのか、
今使っているのは、どれくらいのレベルなのか、
手探りで、探している方も多いと思うので、
問題集についてのお話を少ししてみようと思います。

まずは、小学生の問題集。

学年別になっているものが一番多いと思いますが、
その中でも、教科書準拠のものとそうでないものに大きく分かれます。

教科書準拠のものは、
学校で使っている教科書の出版社をチェックして、購入します。
当然、教科書に沿った内容ですから、
子供にとっては、一番とっつきやすいタイプの問題集です。

小学生の場合、まずは学校の授業を大事にしたいですから、
私も、準拠版はよく使います。(塾専用の分ですが)
レベル的には、基本~標準といったところのものがほとんどでしょう。

上位を目指す場合、もちろん、これだけでは不十分です。
準拠版ではない問題集を併用します。

特に、国語は、学校の教科書で読んだものではなく、
初めて自分で読んだ文章についての読解問題を解く作業は、
とても大事だと思います。

準拠版でないもののレベルはまちまちで、
発展内容を多く含んでいるものもよくあります。
準拠版では見かけないような問題も掲載されているものを選ぶとよいでしょう。
発展問題にも取り組みたいですものね。

このタイプの問題集には、受験算数の基礎となるような問題も、
3、4年生ぐらいから、少しずつ含まれてきます。

目次を見て、
鶴亀算、差集め算、仕事算、規則性、通過算など、
受験算数でしか扱われないような項目が多く入っていれば、
発展レベルも入った問題集です。

学校のことがきちんとできることが大前提ですが、
余力がある人は、このレベルまで引き上げておきたいですね。

あわせて、必ず取り組みたいのが、計算と漢字です。
昔のように、毎日、毎日、計算ドリルと漢字ドリルを
何回も繰り返して解くような宿題は、見なくなりましたが、
あれは大事だと思います。

計算は、繰り返しトレーニングすることで、
速く正確になります。
漢字も、日々の積み重ねで、覚えるものです。

このような基礎力は、しっかりと鍛えておきたいものです。
学校のドリルが使いづらければ、
家用に無学年式みたいなのを購入してもよいでしょうし、
ネットで、ちびむすドリルを使ってもよいでしょう。

基礎の基礎がきちんとできていないと、
上にいくら積み上げても、傾いてしまいますものね。

適性検査を受けようと思っているなら、
理科・社会は重要です。
教科書レベルで構わないので、しっかりと理解して覚えていきましょう。

いざ受験勉強を始めてから、
それまでの理科・社会をやり直していると、すごく時間がかかります。


どの問題集もそうですが、やればいいというものではなくて、
きちんとやることが大事です。
「きちんと」というのは、できない問題がないところまでやるという意味です。

チェックをつけて、繰り返してすることです。
チェックが全部消せるところまで、確実に。
小学生のうちに習慣にしたいですね。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村