fc2ブログ

直しの仕方

問題を解いて、解答を見ながら丸付けをします。
間違えた問題の扱い方ですよね、ポイントは。

自分が解いたことを振り返ってみると、計算間違いをしていた、
そして、それに気づいて、解き直すと、正解した。
そんな場合は、何も問題はないのですが、

解き方そのものが分からなかった場合、
解説を見て、どう対処するかが、2つに分かれます。

一つは、「あ~、これ、掛けるんかぁ」みたいな解釈をする子。
たとえば、自分は割り算をしていて、解説には掛け算の式が載っていると、
「掛けるんだったんやな、わかった」って言う子がいるんです。

これはなかなか面倒です。
なぜ、掛けるかには興味がないんですから。。。

「なぜ掛けるん?」
「なんで割ったらあかんのん?」

という質問を挟んであげないと、理解が進みません。
質問を挟んでも、
「掛けるもんは掛けるんじゃ!」みたいな返事しかできない子もいます。
そういう子は、一人で勉強していると、
「この問題は、掛ける!」って暗記しようとしています。

このタイプは、もう本当に膨大な時間が必要です。
間違えた問題、一つ一つに、こうやって質問を挟みながら
解き直しをしていかないと、理解した状態にはならないですから。

お互いに、根気のいる作業です。
こんな作業をしても、焼け石に水かもしれません。
でも、これをやらなければ、何も始まりはしないのです。

もう一つのタイプは、
自分で、なぜ掛けるか、なぜ割らないかを考えるタイプです。

このタイプの子は、自分で丸付け&直しをしたら、
質問をあぶり出せます。

「解説、なに言よるかわからんー」とか、
「せんせー、解説の解説がいるわ~」とか言ってくるタイプ。

「わからん」とは言ってくるものの、
まるで手付かずではなくて、
解説のここまでは理解できたけれど、ここからが意味わからん。。。
みたいな質問を投げかけてくる子たち。

このタイプの子は、効率よく勉強が進みます。
理解できないところを自分であぶり出せるので、
理解できていないところだけ、授業で解決していけばよいのですから。

思い立ったら、劇的に伸びたというのは、
こういうタイプの子です。

このタイプは、上位層に限ったことではなく、
下位層にも結構います。

そういう子は、今まで勉強をやってないからできていないだけで、
その気になれば、できるようになります。

子供さんの様子を注意深く観察してみてください。
どちらのタイプか、見極めて、対応をしてあげる必要がありますね。





何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村