fc2ブログ

時間配分

学校や塾の授業、1コマ50分程度を
5分~15分単位で、さらに細切れにして、
授業展開しているというような話を、
最近、よく聞きます。

偶然、重なっているだけかもしれませんが、
その効果が注目され始めたのかもしれません。

これは家庭学習でも使えるので、
パパ塾・ママ塾で頑張っておられる方には
是非、お勧めしたい方法です。

もう既に、無意識のうちに、
やっておられる方も多いかもしれませんが。。。

私も、家庭教師をするようになってからは、
無意識のうちにやっていました。

例えば、ある日の小学生の授業。

生徒:漢字テスト
私:宿題の丸付け(算数)
  ↓
生徒:宿題の直し(算数)
私:漢字テストの丸付け
  ↓
生徒:漢字テストの直し&単語テスト
私:宿題の丸付け(国語)
 ↓
一緒:宿題の直し(算数)
 ↓
生徒:宿題の直し(国語)
私:単語テスト&宿題の丸付け(英語)
 ↓
生徒:単語テスト&宿題の直し(英語)
私:宿題の再直しチェック(国語)
 ↓
一緒:宿題の直し(国語)
 ↓
一緒:宿題の直し(英語)

こんな感じで前回の確認が終了します。
90分~120分授業なので、まだまだ続きます。

そもそも、生徒が何かをやっている間、
あるいは、私が丸付けをしている間、
お互いの時間がもったいないな~と思って始まったのがこの方法。

丸付けしている間に、これやって~
それ解いてる間に、丸付けするわ~、という感じです。

新しいことを学習するときも、
例題&解説をしたら、類題演習で、
本当に理解できているかどうかの確認が必要です。

もちろん、まとまった量の演習は、宿題でやってもらいますが、
わかっているかどうかの確認をせずに宿題にするわけにはいきませんから、
どうしても、生徒が自分で解く時間が発生します。

その時間に、私は違うことをする。
そして、私が丸付けをしている間には、生徒は違うことをする。

もちろん、教科はランダムにごちゃまぜです。
むしろ、わざと教科を変えるほうがいい。

これには二つ、メリットがあって、
一つは、もちろん、時間の無駄を省くことですが、
もう一つは、取り組むことが細切れに変わることで、
集中力が保たれて、効率が上がることです。

私にやることがなくなって、暇そうにしていると、
「ごめん、先生、暇そうやなぁ。すぐ解くけん待ってよ!」
なんて、言ってくる生徒もいるくらいで、
お互い、忙しくしていないといけない時間になっているようです。

もともとは、私が子供のころ、
母がこんな感じで私の勉強を見てくれていたので、
それを自然に真似ていただけのことなのですが。。。

だから、家庭学習でも十分に使えると思うのです。
特に小学生にはお勧めです。
まだの方は、試してみてください。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村