fc2ブログ

親が勉強をみるということ

「親が勉強をみるなんて!」という考え方の人もいますが、
私は、小学校のうちは特に、
親が勉強をみないといけないと思っています。

いけないというか、みてやらないと、
きちんとできるようには、ならないと思うのです。

でも、その勉強の見方もいろいろなんです。

もちろん、低学年のうちは、親主導で、
あれやれ、これやれでも、ある程度は構わないと思います。
しかし、いつまでもそれではだめです。

高学年になって、
自分で勉強の仕方もだんだんとわかってきているのに、
ただ言われたことをやるだけでは、
いつまでも親から離れられませんよね。

丸付けにせよ、計画づくりにせよ、
親がやってしまう方が早いのは当然です。

でも、自分でやらなくては何も始まりません。

で、そう言うと、今度は、
いきなり、ぱっと手を放して知らんぷりなんてことも起きるのですが、
それはひどすぎます。

今まで散々手を出しておいて、
今日から、「はい、どうぞ!」はないでしょ?

徐々に行きましょ、徐々に。

ところが、この徐々にというのが難しい。
というか、面倒くさい。
実は、これが一番面倒くさい作業です。

見なければ気にならないことでも、
見てしまうと、

丸付けもなかなかできないし、
おまけに間違えていたりするし、
計画だって、ほんとにそれで大丈夫?と、
ついつい手を出したくなります。

だから、見ない、ではなくて、
ここが頑張りどころです。

遠巻きに見てやりながら、
自分でできるように仕向けていくことが一番大事だと思います。

この部分がうまくできた家庭は、
中学校で結構いい感じに自立でき始めている気がします。

ひとことに勉強をみると言っても、
なかなか大変なのです。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村