fc2ブログ

2016年の記事

これ、2016年に書いてた記事です。

***************** ここから *******************
2020年と言えば、東京オリンピックですが、
教育業界にとっては、新学習指導要領がスタートする年です。

先日、まとめ案が発表されたので、
テレビでやたらとアクティブラーニングという言葉が躍っていましたよね。

尾木ママが
「子供にとっては虐待です」みたいなことを言っていたのが、
印象に残りましたが、いかがでしたか?

私は、まぁ、そこまで過激には思っていませんが、
やはり難しいな…という印象は持っています。

半分は机上の空論というか、
現実には実現不可能だろうと思われることが、
かなり盛り込まれている気がしました。

「自分で問題点を発見し、自分で考えて、解決方法を見出す」とか、
「先生が教えるのではなく、生徒が自ら学ぶ」とか、
そりゃぁ、理想的な姿ですけれど、
それを実際にできるか…と言われれば、別問題だと思うんです。

上位層の子はできます。
そう仕向けることさえすれば、きっと、自分主体で動き始めるでしょう。

中学の英語の授業をすべて英語でやっても、間違いなくついていけます。
おそらく、今以上に力を発揮できるとさえ思えます。
ただ、日本語での文法知識解説は必要だと思いますが。。。

しかし、問題は、大多数の中位層以下の子たち。

現実を見ると、不可能としか思えない。
幼少のころから、そんな風に育っていない子に、
いきなり、それはないだろう。。。と思うんです。

日本語で話しかけてくれても、学校の授業中に寝る子たちが、
英語で話しかけられて、起きていられるはずもない。

日本語で言っても理解できないことを、
英語で話されて理解できるはずもないし、
きっと理解しようという気さえ起こらない。
どっち道、理解できないから、どうでもいいってことか?
それはないでしょう。。。って感じです。

アクティブラーニングって言われても、
うちはできますよ、マンツーマンだから。
ネットもあるし。。。ww
でも、学校は集合ですからね。。。

ある程度、レベル分けした授業をしなければ無理だと思うんです。
各教科、それぞれにレベル分け編成のクラスで、
先生たちが、ものすごく頑張ってくれればできると思います。

でも、ものすごく頑張ってくれないと難しいですよね。
もし私が集合授業でするなら…と想像したら、
ものすごい準備が必要だと思いますもの。
公立の先生たち、そこまで頑張ってくれるでしょうか?

適当なところで手を打った、
画一的な授業に落ち着きはしませんかねー
できない子が、今以上に増えませんかね?

4年後、どうなるでしょうね。
ちょっと心配です。

10年後には、「ゆとり」のときみたいに、
やっぱり失敗でしたーって、終わりはしませんかね。。。
被害を受けるのは、
日本の未来を背負う子供たちなんですよね。
***************** ここまで *******************

去年は、コロナで大騒ぎでしたが、実は、そういう年だったんです。
去年は小学校、そして、今年は中学校が教科書改訂です。

コロナ騒ぎの陰に隠れてしまっていますよね。
授業時間が足りない分をどうやって補うか…みたいな話ばかりで、
改訂のことに触れる話題はいつもより少ない印象です。
ますます心配ですね。。。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村