fc2ブログ

理由のでっち上げ

いくら言っても直らない子は直らない。。。
と思うことが、たまにあります。

理由のでっち上げもその一つ。

ある日、英語の問題を解いていたときのことです。
ほぼ同じ内容になるように、
(  )に与えられた文字で始まる適語を入れる問題。

People who live in the city generally talk fast.
People (l    ) in the city generally talk fast.

はじめ、liveing と書いて出してきたので、ピンをつけて戻しました。
すると、lived と直して出してきました。

「何をどう考えてどう解いて、どう考えてどう直したん? 解説して。」
もう既に、私、カチン!ときています。

そうすると、こんなことを言い出すんです。

「現在分詞と思ったんやけど、
 その市に住んでる人々やから、過去分詞かと思って。。。」

「なんで、その市に住んでる人々やったら過去分詞なん?」

「現在分詞は、ずっと昔から今も続いていることで、
 過去分詞は、今はそうではないことやから…」

蹴とばしたろかー! 
言ってる意味わかってますかーっ!
日本語、わかる? って感じです。ww

普通に、きちんと考えられる子なら、

「~している」って意味にしたいから、現在分詞なのにピン?
なんで?あっ!eいらんわー

って思うところですよね。
あるいは、それに気付かなかったら、なんで?わからん!となるはず。

ところが、現在分詞を書いてピンをされたと思うと過去分詞を書く。
提出したら、問い詰められたので、適当な理由をでっち上げてみる。
みたいなところでしょうか。

つまり、直しの時点では、特に何も考えてはいなくて、
現在分詞じゃないなら、過去分詞ね、みたいなノリで直してるんです。
まるでクイズ。

もし、現在分詞と過去分詞がイマイチわかっていないのなら、
もう一度テキストを振り返っておくべきですし、
そうすれば、すぐに、eをとり忘れたことにも気づけます。

「これ、eいらんだろ?」と言えば済むことかもしれません。
でも、それでは何にもできるようにはならない。
すぐにわかると、すぐに忘れます。

と思って、血管切れるかも?って思いながら問い詰めてますが、
それはそれで直らない。
何年やっても、直せない。

クイズみたいに解かない、
「どうして?」って考えようよ、
理由作り出しちゃダメ、
あやふやなことは、習ったページに戻る、
・・・・・・

何度言っても響かない子、たま~にいるんですよね。
「できない?」→「やります」→やらない(できない?)
という不毛の会話の繰り返し。

どうしたものか。。。とほほです。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村