fc2ブログ

意味のない丸付け

今日は意味のない丸付けのお話。

成績が上がらない丸付けのことですが、
それをやってしまう子が、
例えば、どんなふうに勉強しているのか具体例を挙げてみます。

①まず、宿題になっている問題を解きます。
(ここはみんな同じですね)

②解きながら、わからないところは、解説のページなんかを見ながら、
問題をやっつけていきます。
(ここで、既に、少し違います)

③あやふやな問題は、こうだったかな?と埋めてしまいます。
(ここも、ダメです)

④最後までできたので丸付けをして、赤ペンで直していきます。
(ここも、ちょっと違います)

⑤解説などを見ながら、一応確認して、完成です。

残念ながら、これではできるようにはなりません。
違うポイント、わかったでしょうか?

できるようになっていく子は、どうしているかを比べてみましょう。

伸びる子は、
②の時点で、調べた問題には、印をつけてあります。

私が丸付けをしている場合でも、
印をつけて提出してくる子、けっこういます。

③の時点でも同じで、あやふやなところは、一応確認をしてから、
印をつけて正しい答えを書いていきます。

こうすると、丸付けをするまでに、
既に問題番号に印がつけられた問題が出ているはずです。

なぜそうするか?
テストだったら、できない問題だからです。
それをできるようにしようと思っているから、
もう一回やっておかなければいけない問題だという認識があるのです。

なぜ、それをしない子がいるのか?
とりあえず、宿題をやっつけているだけだからです。
何を目的に勉強しているのかが、見えていないのです。
この後、どうするかなんて、想像もしていない。。。

この差は大きいですよね。

さて、その後、いよいよ丸付けですが、
伸びる子は、自分で丸付けをしても、丸とピンしかつけません。
赤ペンを持って、もう一度自分で解き直しをしますから。

赤で答えを写したところで、何もできるようにはなりません。
でも、それをやってしまうのが、意味のない丸付けをする子。
意味がないですよね?

そういう子の多くは、赤で書いた答えを見ながら、
でたらめな理由を、こじつけて、わかったことにする子が多い。
だから、そういう子は、質問がほとんどありません。

演習を宿題にして、丸付けまでやってもらうと、
わからなかったところはないと言います。
ところが、実際は、わかっていないことだらけなのです。

おまけに、調べてできたところも覚えていないわけですから、
当然、テストでは点が取れませんよね。

こんな勉強の仕方していませんか?
こういう子、かなりいると思いますよ。
おそらく、地元公立なら、半数は軽く超えてると思います。
大丈夫ですか?



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村