fc2ブログ

厳しい

できる子の家庭の厳しさの共通点は、色々ありますが、
ひとつは、一本筋が通っていて、
やることはやらないと許されないところ。

よくあるのは、怠けてきちんとやらなかったことが原因で、
すごく悪い成績を取ったら、お母さんがマジ切れします。
「もう、そんな子の塾の送迎なんか、してやれへん!」

まぁ、意外とどこの家でもあることかもしれませんが、
できる子の家庭では、これが本当に起こってしまうこと。
というか、本当に起きると子供が思っているところ。

「そんなこと言ったて、ホンマにはせんだろう」と
子供が高を括ってるお家は甘いと思うんです。

実際に、送迎を拒否されて、
学校から、知らない路線のバスを乗り継いで、塾に来た子もいます。
「帰り、迎えに来てくれんかったら、どうしよう…」なんて言ってるんです。
さすがに、それは来てくれましたが。ww

意外と、これを本当にやってしまえるお母さんは少ないんです。
口では言いながら、実際は送迎する。。。
送迎しなくても、どうにかして塾へは行くだろうと
ある意味、ものすごい信頼してますよね。

そして、本当に、どうにかして、
塾へは、ちゃんと行く子に育ってるんです。

ある日突然できるものではない。
長くかけて積み上げてきたものがあるなぁと感心します。
実は、できる子の家庭はこういう厳しさがあるんです。


一方、イマイチ成績が伸びない子の家庭では、
厳しいのポイントがずれていることもよくあります。

授業中によく居眠りをする子がいたのですが、
ある日、お父さんが、「今日は、ご飯抜いてきました」って言うんです。

ご飯を食べてから塾へ行くから、眠くなるんだと。
だから、食べさせてないと。。。

いやいや、成長期の子のご飯抜きはダメでしょう。
ちゃんと食べさせてください!

家で勉強していても、7時や8時から居眠りをするから、
7時に寝させて、2時から勉強させてますとかいうのもありました。

成長期に、そんな体内時計が狂うようなことさせないでください!
それ、厳しいのポイントが全然違ってますから。。。


「厳しく育てる」といっても、性格もそれぞれだし、
一筋縄ではいかないものだと思います。
しかし、だれもが納得できる、筋が一本通った厳しさは
必要不可欠だと思っています。



何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村