fc2ブログ

責任の所在

先日、友人と話していた時のこと。
同業者でもなく、音楽つながりの友人なので、
何からそんな話に発展したんだっけ?という感じですが、

子供がどこで躓いてしまってるかは、親が見るもんだろう?
って言うんです。
そんなのは、学校や塾にしてもらうことではなくて、
親が自分の経験も踏まえて、見ていくものだろうと。

できる子の家庭にあるのはこれだと思いました。

教育は学校がするべきで、
余分なお金まで払って塾へやっているのだから、
塾がフォローをして当たり前。。。
こういう考え方の家も結構多いよと言うと、

そんな家では、できる子は育つはずがないと一蹴。
遺伝子も環境もいけてないってことね・・・ww

塾と学校と家庭、それぞれが、自分の責任だと思って、
きちんとやるべきことをすればいいだけなのですが、
悲しいかな、それがあまり機能していないんですよね。

躓くところは、みんな違うし、
同じものを見ても、考えることはまちまちだし、
それを十把ひとからげに扱ってうまくいくはずはないんです。

子供たちだって、塾と学校と家庭とそれぞれの顔を持っています。
それぞれが気づいてあげられることは違うはずなんです。

本来、それを情報共有しながら育てていくのが、
理想的な教育だと思うのですが、
皆が、責任逃れ的に動くことが多い気がします。

例えば、子供がどこかで躓いてると、
家庭は、学校がちゃんと教えないからだと言い、
学校は、親がちゃんと見ないからだと言い、
しまいに、ちゃんと勉強しない子供が悪いと言う。。。

友人の話のように、
躓いたところは親が見るのが親の責任だと思っていれば、
学校で取りこぼしてきたことは、家でフォローしようとするし、

学校だって、授業がスムーズにいくのは家庭のフォローのおかげがあると思えば、
それに胡坐をかくのではなくて、
できるだけのことはしようとしてくれるはず。

両者がそう動けば、子供だって、
それに知らん顔はしないはずですよね。

なかなかそういう良い関係が築けているところは少ない気がしますが、
それぞれのできていないところを自覚し、認め合って、
それをフォローしあえる関係を築くことができれば、
すくすく伸びていく子になるはずなのですが。。。

それは理想論でしかないのかしら?
そうではないと思うんです。

そんなことを考えると、
今、私のところはとっても恵まれてるなぁなんて、
また、しみじみと思ったのでした。




何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎日の更新ありがとうございます。
先生が恵まれていると感じるのは、成績が良い悪いにかかわらず携わる生徒さん・保護者さんの気持ちが先生と同じ方向を向いているからですね。
こんなにも先生ご自身の想いや実情を赤裸々に語っていただけると、共感するご家庭は先生に直に教えてもらいたくなりますよ!
お体に気をつけてこれからも更新よろしくお願いします。

Re: No title

コメントありがとうございます。
そうですね、子供を中心に周囲の大人たちが同じ方向を向いている環境は、本当にありがたいと思っています。
ブログというツールを介して、そういう人たちが集まってきてくれることは想定外でしたが、
今、私の塾はそのおかげで成り立っています。
不思議なものです。
プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村