fc2ブログ

言葉を覚える3

国語といわれている教科は、実は日本語です。国史という言葉が残っているように、昔は日本のことを「国」という一文字で表すことがあったので、日本語ではなく国語という教科の名前になったのでしょう。

日本語は生まれてから初めて触れる言語(ネイティブ言語)ですから、後から押し込んでいく外国語(英語)と教え方が違ってくるのは当然でしょう。しかしどちらも言語であり、共通点はあります。何が違っていて何が同じなのでしょうか。

日本語と英語は使う文字も発音も語順も全く違います。ですから、全く別物と捉えて別の学習方法を取ったほうがいいのかもしれません。実際中学以降の英語は、国語とは全く違う教え方をします。単語の意味をいちいち覚えて、語順による意味の違いや動詞の活用も早いうちからしっかりとやります。国語では文法は後回しで、言葉が十分上手になってから理解します。
国語はネイティブ言語ですから、当然前から意味を捉えていくのですが、英語では最初はそういう訳し方をしません。英語を前から理解していくという、極めて真っ当で後に推奨されるやり方は、先生にもよりますが、高校生くらいにならないと教えてもらえないことも多いと思います。

大事なことは、日本語も英語も言語であるということです。前から順番に理解していかないと、リアルタイムで意味を捉えられなくなります。リスニングの能力も前から理解しないと上達しませんし、長い文を読む時も同じです。ですから、英語を前からストレートに訳していく練習は、早いうちからやっていくといいと思います。

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村