fc2ブログ

取り組み方の差

成績の差は、目的意識の差であり、
それは、取り組み方に顕著にあらわれます。

先日、ある生徒の数学の宿題をチェックすると、
10問中3問ほど、直しが完了していませんでした。
話を聞くと、わからなかったと言うのです。

まず最初は、正多角形の外角の大きさがわかっていて、
頂点の数を問われている問題です。

外角の和が360°になることを利用して解く問題ですが、
よく見ると、その上の問題は、
同じく外角の大きさがわかっていて、辺の数を問われている問題。。。

「ん?この問題はどうやって解いたの?」と尋ねると、
前の確認問題のページを見たというのです。
確認問題のページに、
何種類かの正多角形の外角や内角の大きさを求める問題があります。

その問題の中に、同じ外角の多角形が載っていたので、
それを見て答えを書いたと。。。

ちょっと待ったー!!ですよね。
それ、できるようになってないじゃないですか!

こういうことは、まぁまぁ上位の子でも結構あります。
高校生になったら、転落するタイプ。

きちんとできる子なら、
ここで戻るページは、確認問題の前の例題のページ。

どうやって解いたっけ?
なんかルールがあったよな? って、戻ります。

そうそう、外角は全部たしたら360°だったわ~
っていうところへ戻って、解きます。

ところが、そこへは戻らない。
その差が、成績の差です。

とりあえず、目先の問題に正解することが目的の子と、
テストでもできる状態にすることが目的の子の差。

これ、たまたま発覚したからよかったものの、
きっと、他にも結構こういうのが潜んでいるはず。
しかし、全部、あぶり出していくのは不可能なわけです。

これが、自分であぶり出せる子なら、
全て質問としてあがってきます。
この差、大きいと思いませんか?

やっちゃってませんか?
少しの意識の差で改善すると思いますよ。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村