fc2ブログ

パターンと雰囲気でやり過ごすこと

例えば、中2の数学。
一次関数の問題で、
横軸に時間、縦軸には距離をとったグラフがあるとします。

単位はそれぞれ時間と㎞。
問題文中には、5時間45分かかったとあります。

そうすると、この5時間45分が横軸にとれないのです。
なぜなら、5時間45分が何時間かがわからない。

これ、市内普通科は問題なく受けられるレベルの子です。

挙げ句の果てに、5時間を300分に直して分子に、
45分を分母にして分数にしました。

あり得ない。。。

おそらく、小学校の時のテストはできていたと思うんです。
だから、学校でも家庭でも気付かれない。
でも、パターンで覚えて解いていたのでしょう。

その単元が終わって、パターンはうろ覚えになり、
なんか、分数になるはずよな~みたいな感覚で解いたのだと思います。

そういう子が一次関数でよくするのは、
とりあえず、代入してみること。

それが値であろうが増加量であろうが、
とにかく、問題に載ってる式に代入。。。

きちんと仕組みは理解せずに、
パターンと雰囲気だけでやり過ごしてきた子は、
こうやって、できなくなっていきます。

到底これでは高校数学は無理です。
でも、よく出会います、こういうパターン。

小学校のうちから手を打たなければいけないことの一つです。

何かわからんけど、とりあえず、やってみたら当たった…
という風な解き方が習慣になることほど怖いものはないと思います。
でも、これ、小学校で既に身についているというか、
染みついてしまってるんです。

直すのが、遅くなればなるほど、時間がかかります。
手遅れになる前に、気付いて直したいですね。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村