fc2ブログ

日暦算

暦の話のついでに(笑)、中学受験の算数で、日暦算(にちれきざん)というのがあります。これがかなり厄介で、難解な問題になると、相当優秀な生徒でもミスなく正答にたどり着くのは至難の業となります。

例えば、ある年の1月10日は金曜日でした。その年の210日目は何月何日何曜日ですか。ただし、この年は平年とする。
といった問題です。

曜日を求めるには7で割って余りを考えるとか、「日目」のときには引き算または足し算して求めた日数から1日引くとか、いろいろと理屈があり、理解した上で覚えなければいけませんが、これは大人でも慣れないとかなり難しい作業です。多分公務員などの事務系で日にちに関わる仕事をしていないと、まあ普通はできません(笑)。

簡単な問題ならなんとか答えにたどり着くには、関数と同じで計算だけに頼るのではなく、カレンダーの規則性に着目してパターンを覚えてしまうのがいいと思います。
私が普段使う方法で、生徒にも伝えることなのですが、カレンダーは縦に見ると1.8.15.22.29とか、2.9.16.23.30というふうに7ずつ増えていきます。つまりこの縦ラインは同じ曜日になるので、簡単な問題ならこれがかなりのヒントになります。
私はこの縦ラインのうち、1.8.15.22.29だけでいいので覚えてしまうのがいいと思っています。そうすると例えば8日が火曜日だった場合は、26日は22日火曜日の4日後になり、指をおって土曜日になるとわかります。

正しい答えの出し方は、
(26-8)÷7=2余り4ですから、火曜日の4曜日先になり答えは土曜日
となりますがどちらが早く正確にできるか、これは人によるとは思いますが、ひょっとして私のやり方が生徒に合うかもしれないと思って、一応教えることにしています。

日暦算でも、計算で解く方法とカレンダーを利用して解く方法と、両方できれば鬼に金棒でしょう。

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村