fc2ブログ

テキストの扱い方(その7)

丸付けをした後の、直しの仕方も、皆それぞれなんです、実は。

例えば、理科の問題。

酸化銅4.00gと炭素0.50gを混ぜて加熱して、還元する実験。
完全に反応させると、残った物質の質量が3.40gだったとき、
酸化された炭素は何グラムかという問題。

銅と酸素は4:1で反応することから、
4gの酸化銅は、3.2gの銅と0.8gの酸素だとわかります。
つまり、残った物質3.4gのうち銅は3.2gで、
残り0.2gは反応せずに残った炭素。
最初の炭素0.5gから、残った分を引いたら酸化された分が出るので、

3.4-3.2=0.2
0.5-0.2=0.3
みたいな式が残されていて、0.30gと答えが書けていればよいのですが、

問題は色々と起きてきます。

まず、0.3gと書いてあるのがよくあるパターン。
有効数字、問題に揃えないといけません。

これ、「あ、0いるんかぁ」って、赤で0を書いて終わる子、
よく見かけます。
「なんで0いるん?」と聞くと、答えられなかったりする。
「小数第二位までそろえとかなあかん。問題がそうなっとるけん。」と言える子はOK。
答えられない子は、質問にあげなきゃ!

次に、解説の式だけ写して、終わる子。
「この3.4ってどこから来たん?」と聞くと、答えられない。
これは、わかったとは言わないでしょう?

あるいは、式なしで、0.30gと書いてあって、
うっかり丸にしてしまうパターンもあります。

「んーこれ、どうやって考えた?」と聞くと、
「4-3.4して、0.6を2で割った。」
驚愕ー!たまたま当たっただけじゃん。ww

「なんで、4-3.4したん?」「減った分出そうと思って」
「じゃぁ、なんで、それを2で割るん?」「・・・なんとなく。」

それは、できたとは言わないのですよ!!

多分、勉強のやり方がわかっている人から見ると、
お笑いのネタかと思うような状態ですが、
これ、真剣にやってしまう子が、かなりの数いるんです。

そして、さらに、続きます。
続きは明日ww

( N )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村