fc2ブログ

テキストの扱い方(その14)

最後に、テキストのレベルの見分け方を見てみます。

教科書準拠の場合は、
教科書の出版社の名前が書かれているので、
わかりやすいと思います。

教科書準拠とか、定期テスト対策とか、
そういう感じのテキストは、
市内普通科を狙うなら、全問解けるようにしなければいけません。

公立高校入試レベルを想定している問題集は、
各問題の横に小さくカッコで県名が書いてあったりします。
過去に出題された県名です。

カッコの中が県名のものは、公立入試レベルだと思ってください。
カッコの中が学校名のものは、私立難関レベルだと考えてよいでしょう。
おそらく、たいていはそれで区別ができると思います。

そして、市内普通科を狙うなら…
つまり、中3の基礎学で350点程度は欲しいと考えるなら、
公立入試レベルの問題集の標準問題までは
全て解けなければいけません。

発展問題は、得意単元だけできればよいでしょう。
満点が必要なわけではありませんから。

理数科や、学区外から市内普通科(特に城南)を狙う場合は、
それも全て解けなければいけません。
満点が何枚か欲しいですから。。。

そのためには、できれば、
私立難関用のテキストも少しはやっておきたいものです。

逆に、市内普通科はかなり難しいレベルなら、
教科書準拠をしっかりとやる必要があります。
とにかく、基本問題を確実にできるようにすることです。

難しい問題にむやみに手を出して、
時間を使うよりも、基本問題を確実なものにするべきです。

自分の目標と、今のレベルに合ったテキストを、
きちんと選んでいくことも大事ですね。

( N )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ nagao@ceramica-shigemi.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村