fc2ブログ

家庭内での会話

授業中の雑談で、
学校での話や、おうちでの話をすることがあります。

そんなとき、家庭内での会話の様子が浮き彫りになります。

家庭内でおしゃべりな子なら、国語力があるか…と言われると、
実は100%そうとは言い切れません。
2タイプあるのです。

すごくわかりやすく、話を展開してくれる子もいれば、
何かにつけて、質問していかなければ、話が通じない子もいるのです。

前者は、国語が得意な子、
後者は、苦手な子です。

違いは何か…。
後者の子は、きっと、お母さんが先回りをして、
話が展開していくタイプの会話をしているのでしょう。

普段、密に子供と接しているお母さんです。
子供が言わなくても、言おうとしていることの察しがついてしまうのです。
だから、ついつい、そういう会話をしているのだと思います。

例えば、「けんちゃんが泣いた」ということを聞いただけで、
今日は、リコーダーを持って行かなきゃいけなかったから、
多分、普段から忘れ物が多いけんちゃんは、忘れて行って、
先生に叱られて、泣いたのだろう…

と、そこまで、連想できてしまうのです。
そこへ、「音楽の時間にな」なんて説明が付けば、もう確定です。
ぜ~んぶ、お母さんが話して、
「そうそう、そうなんよ」とだけ言えば、会話成立です。

「今日、音楽の時間にな、けんちゃん泣いたんよ」とだけ言えば、
話は通じてしまうのです。
でも、他の人には、何のことやらですよね。

気付かずに、こういう会話をしてしまっている家庭は、
意外とあるように思います。

日常化しているから、気付かないんですよね。
大丈夫ですか?
日常会話、と~っても大事です。


( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村