fc2ブログ

小学校で、どこまで英文法を理解するか

1990年頃から、使える英語にシフトするという目的で、聞く話すという能力を伸ばすための時間が増えて、その分文法を解説し理解する時間が減ってきています。特に中学校ではその傾向が強いのではないでしょうか。
また小学校の英語の教科書を見ると、文法の説明はほとんどなく、単語と文例のオンパレードという状況です。
しかし実際は、三単現のs.esも複数形も過去形も受動態も、しれっと出てきます。
とにかく英語に慣れること、聞いて理解し積極的に発話することが重視されているので、その文法的な説明はほぼ皆無になってしまっていると思います。

もちろん、文法の正しさにこだわるあまり、会話ができなくなるということは実感として経験としてありますが、かと言って文例だけを丸暗記して単語を入れ替えるだけで会話ができるようになるとは思えません。
小学校の間は、文法的な間違いがあってもそれなりに許されるのかもしれませんが、教科ですから定期テストがあるはずで、そこではどんな問題が出て、文法が間違っていても◯になるのかどうか、かなり気になる部分です。

文法を気にし過ぎて会話ができないのは確かに問題ですが、簡単な基本的な文法のルールは、小学生でも知っておいて損はないと思います。特に複数形についてと、動詞(be動詞と一般動詞)くらいはサラッとやっといたほうがいいのになあと思います。
文法無しの例文の丸暗記など、必ず忘れてしまうのですから。

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村