fc2ブログ

英語で英語を教える

最近では、中学校の英語の授業は、基本的には英語で行っているようです。私達が学校に行っていた頃は
Repeat after me.
とか、挨拶くらいしか英語では言ってなかったので、今の子どもたちはすごいなあ、先生もすごいなあと思います。
しかし実際には、先生の英語での指示の意味がわからず、
「今、先生何をせえって言うたん?」
みたいなヒソヒソ話があちこちで発生している学校もあるようです。
これは先生の英語が下手すぎてもうますぎても起こりそうなことで、実際にどれくらい英語力向上に効果があるのかは全くわかっていません。

我々のような塾において、これからの英語の指導はどうあるべきなのでしょうか。
私は今のところ、きっちりと日本語で解説するべきだろうと思っています。
学校が英語で教えているなら、そのせいでわかりにくくなっている部分を補うには、日本語での指導よりないと思うからです。学校と同じことをする必要はありません。塾だからこそのわかりやすさや効率性を重視すべきだと思います。

また、英語は日本語(国語)と関連付けて理解することもあります。また海外(特に英語圏の国)の文化についての理解にも、日本語のほうが圧倒的に効率的なはずです。

ですから、英語での指導を否定するわけではなくて、学校ではしっかりと英語の聞く話すを練習してもらって、塾では不足している文法的知識をカバーするのがいいと思います。
少なくとも英語のテストは、文法を間違って書くと、必ずピンをされます。得点できないのです。
学校での発話のときのように、だいたい意味がわかるからOK!なんてことは決してないのですから。
もし英作文で適当に答えを書いて解答欄が埋まっていたら◯!なんていう学校があったら教えてほしいと思います。

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村