fc2ブログ

テスト直し

テストが返却されると、
「見直しした?」と声をかけますが、
まぁ、たいていの子が「した」と言います。

しかし、本当にできている子は一握りです。

まずトップ層の子たちなら。。。

問題用紙の間違えた問題に印が付いています。
それを見ながら、やったことを説明してくれる子が多い。
どうして、間違えたか、その原因まで分析してから持ってきます。

単なる計算ミスやケアレスミス、問題文の読み違え、
解き方が閃かなかった、・・・など、
直接的な原因にプラスして、
今回の勉強方法の何がまずかったかというところまで
話してくれる子がほとんどです。

その話を聞きながら、気が付いたことがあれば、
補足します。
もちろん、最終的にわからない問題があるときは、
その場で一緒にやります。

これがトップ層(理数科射程圏内)の子のテスト直し。

続いて、上位層(普通科英数クラス圏内)なら。。。

一応、解き直しはしています。
わからない問題を質問もしてきます。
が、原因分析までは至りません。

社会が、ちょっと勉強不足でした、とか、
次は、理科を頑張ります、とか、
そういう、漠然とした感想を述べて終わります。

ここが、トップ層との差です。

さらに、その少し下、普通科普通クラス圏内になると。。。

放っておけば、「しました」って見て終わりです。
問題用紙の問題番号に印をつけて、「解いてみて!」って言うくらい、
こちらが手をかけないとできません。

それを解かせて、確認して、
できないところを一緒にやって…と、
手取り足取りやらなければ、テスト直しはできていません。

「やっときよ」なんて宿題にしたら、
たいていは、自分の答案と答えを見て、終わり。

ひとことに「テスト直し」と言っても、これだけの違いがあります。
だから、学校で、「見直しをしておきなさい」なんて言われても、
できない子の方が多いのです。

中には、問題をノートに写して、
解き直すのが宿題になるような学校もありますが、
これは最悪です。

ただの時間の無駄。
この宿題ではだれにもメリットがありません。

一人で見直しができる子たちにとっては、
問題を写すなんて時間のロスだし、
結局、一人でできない子にとっては、
解答・解説まで写して終わりですから。

テスト直し、きちんとできていますか?
自分が目指しているレベルの子がやっていることを、
自分もやらないと、そのレベルには到達しません。

( N )


何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村