fc2ブログ

図解という罠

なんといっても図解はわかりやすいですね。我々も普段の授業で様々な図解をします。算数数学では特に頻繁で、線分図はその代表です。またグラフも図解の一種で、言葉ではわかりにくい数字の関係をヴィジュアルで表現してくれます。
以前、読書のときに「漫画で読む」シリーズを取り入れると、わかりやすくて読書しやすくなる話をしましたが、これもヴィジュアルの力でしょう。
さらにもっと小さい時は、図鑑がとても面白く感じますし、幼稚園くらいから小学校低学年までは絵本が大活躍します。

とにかくヴィジュアルはわかりやすいので、学習にどんどん取り入れようということになっています。昨今の教科書のフルカラー化や資料集と間違えそうな大量の写真、タブレットなどを使った動画での学習も、アニメーションで理解を促しますから、相当にわかりやすくなっています。
いいことずくめのように感じますが、しかしその弊害もあるのではと最近感じ始めています。

それは言葉が上手にならないということです。

例えば、三角形の内角の和がなぜ180°になるか説明してもらうと、
「こことこことここが、バァーっとこっちに来て、こんな感じでまっすぐになる…。」
といった説明になりがちです。指示語ばっかりw。
これを用語を使って誰にでもわかる言葉で言うならば、「三角形の三つの角を移動して一つにまとめると、端の辺は直線になる。直線は180°だから三角形の内角の和は180°になる。」ということです。これがちゃんと言えるならば、そういう説明文を読んでも意味がわかるはずです。

理解の促進に図解はとても役立ちます。しかし試験問題では図がないものもたくさんあり、図があっても最低限です。図解のイメージだけでなんとなく理解しているだけでは不十分なのですが、わかった気になってしまうというのが、図解の罠だと思うのです。

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村