fc2ブログ

意味をつかみにくい問題 2

算数・数学だけではなく他教科でも、問いかけに工夫されるだけで、あっさりと正答率が下がります。
たとえばこんな社会科の問題。

「地図中Bの都市は東経45度にあり、Cの都市は東経135度にある。BとCの都市の時差は何時間か。」

これをひねると、
「地図中Bの都市は東経45度の経線、Cの都市は東経135度の経線上にある。東経0度からの時差をそれぞれ求めると、その差は何時間か。」

下の文章はあえて言葉を追加して、意味が読み込めないと答えられなくなっています。意味も同じ、答えも同じですよね。

読めないことが続くと、どうしてもそこに出てくる数字を適当に式にして、それらしい数を出して解答欄に書くということになります。
私ももちろんそういう経験はあります。大学入試になるとどうしても解けない問題がありますから、時間が来たら何かの数字をマークシートに埋めなければならず、当たりゃ儲けもの!と当てずっぽうの解答を書くことをします。
しかし、それを小学生のうちからやる癖がつくと、修正が大変なことになります。

文章を読んでしっかり考える。意味がわからなければ、わかるまで何度も読んで考える。すぐに諦めて当てずっぽうの答えを作ることはしない。何度読んでもわからなければ、人に聞いてその意味を理解して、わからなかった原因は単語なのか文脈なのか、それを理解して次からは意味がわかるようにする。

ひとつひとつ、意味がわからないことは残さない、という姿勢を作っていきたいと思うのです。

いちばん理解しやすい問題文のドリルを繰り返しやって、90点以上取れたとしても、実際の試験ではそんな簡単な言葉の問題文は多くは出ません。読解力をあまり必要としない簡単なドリルの繰り返しは、勉強をやった気分にはなりますが、相当に効率が悪いのです。
ひょっとして、そんな勉強になっていませんか?

  ( K )

何かお役に立てたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

自律学習ゼミ

Author:自律学習ゼミ
徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
2013.7.19.
・・・・・・
それから早10年が過ぎようとしています。ブログは、情報も古くなっていくので、5年分ぐらいが残るように、日々、刷新しています。2022年度より、自律学習ゼミとして、教室も移転し運営しております。「いったいどんな塾なの?」と興味を持たれた方は、ホームページをご覧ください。
2023.5.17.

自律学習ゼミHP
https://jiritsu-gakusyu.jimdosite.com/


お問い合わせ shigemi.nagao@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
何かお役に立てたら、
クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログ村